レビュー一覧に戻る
犬鳴村
2020年2月7日公開

犬鳴村

HOWLING VILLAGE

1082020年2月7日公開

nin********

2.0

ネタバレ怖くないのがシンプルにダメ。

ストーリーは面白いと思う。 犬鳴き村という呪われた村があって、そこに関係する人間は不幸になる。また、そこは犬と人間の交配があって、主人公は犬と人間の交配種。そして、赤子だった自分を助けたのは大人になった自分。 ストーリーは面白い。 でも怖くないので、視聴者に突っ込まれる作品になってしまった。意味不明とか、不思議な部分は狙ってやっているのだけれど、その見せ方が悪すぎて、視聴者に粗を探させている。 悪い所と良い所を書こうと思う。 前半は悪い部分。後半は良い部分。 ・悪い部分。 女性1人が真っ暗い閉鎖された空間で幽霊に襲われるシーンが無い。 これは圧倒的にダメだと思う。 逃げれない状態、かつ、1人ってのが怖いのに、今作は主人公が逃げる隙がありすぎて怖くない。 例えば、主人公が病院で霊を見るシーン。周囲に人がいるので怖さ半減。 冒頭の男女が村人の霊に襲われるシーン。彼氏がいるので怖さ半減。 主人公が車に乗っていて、そこを後ろから幽霊が追ってくるシーン。車で逃げれるのでダメ。そのシーンに付け加えて、バックシートに幽霊が乗っているオチがあるのだが、それするなら幽霊が追いかけた意味がない。初めからバックシートに乗ってる方が怖い。 犬人間がギャグすぎる。怖さゼロ。 しかも主人公まで犬人間とかやり過ぎ。 ホラーがギャグになるのは定説だから、監督がギャグを含めて狙っているのはよくわかる。でも興醒めすぎる。 実体の幽霊を出したのはマイナスすぎる。監督は未知の挑戦だったと思うし、狙っているのはわかったけれど、実体は怖さに繋がらない。しかも、助けてくれる主人公サイドに出すなんて欠伸が出た。もしも、実体の霊を出すのなら、殺人鬼にして人を殺しまくるくらいじゃないと怖くないだろう。しかしそれでも、実体のアイディアは付け焼き刃にすぎない。Jホラーに実体の幽霊はいらないと思う。観てるみんなは触れることのできない無敵の悪霊を期待しているはずだ。 ・良い部分。 幽霊の顔をボカシた所。 あれは素直に良かった。 でもこれは、評価が分かれる部分。他の人のレビューではマイナス評価になっていた。 しかし私は、霊体にはなんらかの視覚効果を入れるべきだと思っている。たにし氏の原作、事故物件に出て来た霊などは実体過ぎて興醒めだった。見た目が実体じゃない、ボヤッとした感じが怖くて良い。今後も採用してほしいと願う。 タイムパラドックスの採用。 これは不思議な物語としてはありだ。 これくらいはホラー映画の許容範囲だと思う。 悪い部分が多く、良い部分が少ないのでこんな評価になった。

閲覧数2,034