ここから本文です

上映中

HOKUSAI (2020)

監督
橋本一
  • みたいムービー 308
  • みたログ 491

3.31 / 評価:400件

色々残念、、、

  • ham******** さん
  • 2021年6月16日 16時44分
  • 閲覧数 701
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

柳楽優弥と田中ミンのファンなのでこれは見逃せないと観に行きました。
正直、芸術家をテーマにした映画はハズレがおおいので期待してなかったけど、ヤッパリダメでした。
生き様を描きたかったのなら今1つだし。軸がよく解りませんでした。
 映像は綺麗でしたが、脚本演出のテンポが悪く環境ビデオ的で退屈でもありました。
 特に後半、3の章以降が退屈。睡魔にかなり襲われる始末でした。見逃したシーンもあった気がします。席を立つ人もいました。
その上、後半は内容も暗く陰鬱です。某シーンはトラウマになりそうな無惨さでした。
波を描くシーンの多用や北斎が青い顔料をかぶるシーンなどは、いかにもな有りがち演出でわざとらしかった。
だいたい、北斎自体があんなに暗い人物だっかかどうか首を傾げたい。もっと軽快な好奇心のある人物だった気がする。
歳を経る毎に感性が若返っていくような。
北斎の人となりを捉えているのは、杉浦日向子の漫画「百日紅」のような気がする、と改めてその作品を思い出しました。杉浦日向子は人物考察や芸術への勘がいいと思いました。

上記二人の主演に加えて阿部寛や永山瑛太、玉木宏など良い俳優を揃えているのにこの程度の作品しか作れなかったのかと本当に残念です。
北斎の芸術を掘り下げたわけでもなんでもないのでともかく色々中途半端で役者に見合った演出やテンポや脚本を考えて欲しかったものです。

評価としては、役者が良いので百歩譲って星2.5と言ったところです。

本当に、ガッカリさせられました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ