ここから本文です

上映中

小さい魔女とワルプルギスの夜 (2018)

DIE KLEINE HEXE/THE LITTLE WITCH

監督
ミヒャエル・シェーラー
  • みたいムービー 43
  • みたログ 22

3.33 / 評価:18件

解説

児童文学作家オトフリート・プロイスラーの「小さい魔女」を映画化したファンタジー。半人前の魔女と相棒のカラスの成長が描かれる。監督はマイケル・シェーラー。主人公を『ブラッディ・パーティ』などのカロリーネ・ヘアフルトが演じ、ズザンネ・フォン・ボルソディ、アクセル・プラール(声の出演)らが共演。日本語吹き替え版では、魔女を坂本真綾、カラスを山寺宏一が担当する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

カラスと一緒に森に住んでいる“小さい魔女”(カロリーネ・ヘアフルト)は、いつか魔女たちの祭り“ワルプルギスの夜”に招かれることを願っていた。だが、参加が許されるのは“大きい魔女”のみで、127歳の未熟者の小さい魔女に招待状が届くはずもない。そこで彼女は、こっそり祭りに忍び込むが、ルンプンペルおばさんに見つかってしまう。しかし、大きい魔女の中でも頂点に君臨する魔女から、良い魔女のテストに合格したら参加してもいいといわれる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ