レビュー一覧に戻る
ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊
2019年8月30日公開

ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊

THE HAUNTING OF SHARON TATE

902019年8月30日公開

fg9********

2.0

「ワンハリ」の夢のある「If…」が恋しい

…在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。  …『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』繋がりなのか、WOWOWで放送されたので観てみる。  レビュー数は未だ2件のみだ。  殆ど人目に付かない作品なんだな。  …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。  『1969年8月、26歳の女優シャロン・テート(ヒラリー・ダフ)は、ロサンゼルス・シエロ・ドライヴ10050番地にあるモダンな邸宅に引っ越してくる。  映画監督のロマン・ポランスキーと結婚し、妊娠8か月の彼女は幸せに満ちあふれていた。  夫は仕事でロンドンに行っており、家にはポランスキー監督の友人ヴォイテック・フライコウスキー、アビゲイル・フォルジャー、シャロンの元婚約者でヘアスタイリストのジェイ・セブリングがいた。』  シャロンの1年前の実際のインタビューでスタートし、1年後の殺される前の3日間に絞って話は展開する。  そのインタビューの時から、シャロンは自分が恐ろしい奴らに殺されるという予知夢を見たらしい。  その悪夢が現実と交錯しながらホラータッチで描かれていくが、怖さはあまり感じられず、妄想の描き方が在り来たりなので、次第に観るのが面倒になってくる。  しかも、シャロンを演じるヒラリー・ダフが似ても似つかない風貌なので、更に観るのが面倒になってくる(「ワンハリ」のマーゴット・ロビーの愛らしさが懐かしい)。  ラスト、本作は事実に近い「If…」だったものの、「If…」にした演出の意図が全く分からなかったので、凄惨な事実をありのままに伝えた方がすっきりすると思ったな。  「ワンハリ」の夢のある「If…」が恋しくなる、観て損まではしない程度の2.0点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3693件、2020年度136作品目)

閲覧数641