レビュー一覧に戻る
グレタ GRETA
2019年11月8日公開

グレタ GRETA

GRETA

982019年11月8日公開

dkf********

3.0

ユペールにすべてを委ねたスリラーだが…

フランスきってのトラウマ女優イザベル・ユペールがサイコ女を演じるというのは、必然の流れだろう。もうグレタの鬱陶しさと不気味さが半端なく、予想通りの見事なハマりっぷりに虫唾が走る。 思うに本作は彼女の代表作「ピアニスト」にオマージュを捧げた設定になっているような印象がある。「ピアニスト」の主人公エリカ(この役名なんか最たる例)を厳しく躾けた母親のイメージが本作のグレタに被る要素が多々あり、脚本も手掛けた監督のニール・ジョーダンに実際そんな想いがあったのか興味深いところだ。 ユペールと対峙するモリッツ&モンローのギャル組も魅力的な組み合わせで合格点。やっぱりヒロインは彼女らくらい可愛くないと観る側も感情移入出来ないというものだ。 ただストーリー自体がすべて「想定範囲内」の展開で、とりたてて真新しいサスペンスを見せてくれるわけでもなく、まさしくユペールにすべてを委ねたような内容になっているのは少し食い足りなかった。 まあ、落とし物は素直に警察に届けましょうということで…

閲覧数827