ここから本文です

“樹木希林”を生きる (2019)

監督
木寺一孝
  • みたいムービー 59
  • みたログ 44

3.84 / 評価:31件

脱力と注力のバランス

  • mai******** さん
  • 2019年12月26日 20時50分
  • 閲覧数 290
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

物凄く精力的でいて物凄くいい加減。

諦念もあるのでしょうか。
全身ガンだとわかって以降、生への執着と諦念とを
表に出したり引っ込めたりがコントロールできるようになったんじゃなかろうか。
その絶妙さが樹木希林さんしかいないと言われるような存在感を生み出していたのかもしれない。

先に見ていた映画作品たちのメイキング的要素を含みつつ
希林さんの生きる在りようを垣間見た感じ。
重ねた年輪が、ガンによる諦念が混じり合う塩梅の良さが
深みある味わいに繋がっていたのでしょう。

まだまだ銀幕で見ていたい方でしたが
きっと『これで精一杯よ、欲張らないで』と言われてしまうような気がします。

2019年12月21日シネマテークたかさきで鑑賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ