ここから本文です

THE INFORMER/三秒間の死角 (2019)

THE INFORMER

監督
アンドレア・ディ・ステファノ
  • みたいムービー 90
  • みたログ 283

3.50 / 評価:226件

全編緊迫感と捻じれる展開、ラストが惜しい

  • pha***** さん
  • 2021年1月8日 22時48分
  • 閲覧数 277
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

これはかなりよくできている。

スピード感、緊迫感、計画がどんどん狂っていって、主人公が追い込まれていく様、板挟みになるFBI捜査官と麻薬の悪党より冷酷で汚いクライヴ・オーウェン演じるFBIの上司。

邦題からあまり期待せずに見始めたが、どんどん引き込まれていった。序盤、FBIから依頼され情報屋として潜入している主人公とそれとは別口で潜入していたNYPDの警官が鉢合わせし、計画が狂い、警察官は殺されてしまう、このあたりのやりとりは秀逸だ。

そして、家族の安全と自由のために刑務所への潜入を受諾するも、FBIから一方的に見捨てられ、今度は脱獄だ。主人公は頭が切れるし、状況の読みが優れていて、自分がどういう状況に置かれてしまったかを悟る。

だが、残念なのが、ラスト。急速に終結してしまった感あり、えっ?これで終わり的にストンと時間経過してしまうあたりが、余韻が残らず非常に残念。今作での真の悪役はFBIの上官であり、麻薬組織のボスは最後まったくどうなったかも描かれないあたり、ちょっと爽快感がなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ