ここから本文です

THE INFORMER/三秒間の死角 (2019)

THE INFORMER

監督
アンドレア・ディ・ステファノ
  • みたいムービー 91
  • みたログ 282

3.50 / 評価:225件

「三秒間の死角」とは何???

  • fg9***** さん
  • 2021年1月22日 11時44分
  • 閲覧数 302
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。
 『自由と引き換えにFBIの情報提供者になった模範囚のピート(ジョエル・キナマン)は、最後の仕事として麻薬組織に潜入し、そこのリーダーから刑務所内の麻薬取引を管理するよう命じられる。
 彼は自身や家族に危険が迫ると感じて組織から抜けたいとFBIに申し出るが、捜査を取り仕切るモンゴメリー(クライヴ・オーウェン)はそれを許さず逆に仮釈放の取り消しをちらつかせる。
 ピートはやむを得ず刑務所に戻って捜査を続けるが、その動きをニューヨーク市警がマークしていた。』
 ロザムンド・パイクの名前が見えたので観てみたが、先ずは、上記のあらすじに登場しないくらいなので、彼女が主演ではなくてガッカリだ。
 主演は、FBIの情報提供者のピートで、そのFBIからも裏切られ、マフィア・NY市警からも命を狙われて四面楚歌状態に陥り、しかも、愛する妻子を人質に取られてしまっての絶体絶命のピンチに追い込まれてしまうのだった。
 果たして、ピートはこの難局を乗り切れるのか?といった内容で、ハラドキ感はそれなりにあったものの、人物像の掘り下げ方に重厚感が足りないので、数ある作品群のリサイクル感は否めない。
 ロザムンド・パイクはFBIの女性捜査官だったが、組織のしがらみに囚われて、今一つひたむきさが足りなかったものの、登場するだけで絵になるので見飽きるまではいかず、一見の価値程度はありの3.2点といったところかな。
 ところで、サブタイトルの「三秒間の死角」とは何???
 さっぱり、分からんかったなぁ~

 (メモ 総レビュー数:3905件、2021年度11作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ