ここから本文です

THE INFORMER/三秒間の死角 (2019)

THE INFORMER

監督
アンドレア・ディ・ステファノ
  • みたいムービー 282
  • みたログ 474

3.47 / 評価:290件

ほし よっつ

見どころは、現場で追い詰められてしまううえに、捜査から切り捨てられる絶望感と切り捨てる側にいるFBI捜査担当者の良心と命令との葛藤。

潜入もの映画において、個人的に絶対絶命という状況に陥った名作と思っているのはフェイス・オフである。あの時の絶望感と絶叫は今でも脳裏に焼き付いているお気に入りである。

今回の潜入は、元服役していた刑務所に戻って工作するため、以前の仲間も若干存在し、刑務所所長も潜入を知っているために緊張感が薄かった。
しかし、敵対するグループに殺されかけたり、一部に正体をバラし派閥に協力するふりをするなど苦心の行いは十分にあった。
そこからの切り捨てられた立場の行動力は、さすが元特殊部隊出身。強引だが面白みがある。
常に暴力を受けていて殺されかけた看守長を利用して、さらにリベンジするシーンは脱出方法も含めてスカッとするシーンであった。

ありきたりなマフィア物語が含まれてはいるが、やはり家族への脅しや人質、ヤクザな面々の迫力と危なっかしさは、緊張感マックスで観てしまう。

一番悪そうで、怖そうなニューヨーク市警の刑事がFBI捜査に疑問を抱いて、主人公の家族や本人を助ける活躍は爽快である。

特に目新しい展開や突飛なアイデアは少ないので評価は低いと思われるが、潜入ものスリラーが好みであれば非常に良い作品。
リメイクロボコップに主演していた、主人公のジョエル・キナマンはイケメンで演技も抜群です。
悩めるFBI役のロザムンド・パイクもゴーンガールの主演が有名で今でも活躍中の人気女優ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ