2019年11月1日公開

人生、ただいま修行中

DE CHAQUE INSTANT/EACH AND EVERY MOMENT

1052019年11月1日公開
人生、ただいま修行中
3.4

/ 18

6%
39%
44%
11%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • Dr.Hawk

    4.0

    ネタバレ適性と姿勢の根源には、優しさが溢れている

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nat********

    5.0

    ネタバレ看護学生、震えながら鑑賞す

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • to1********

    3.0

    映画館よりも看護学校で流したら

    看護師、看護学生の人なら、ああわかるわかると見られるのかな うんうん仕事って大変だよね、と温かな眼差しで見られる人ならいいですが、普通の映画ファンが2千円近く出して見る価値は、、、?という感じ こんな感想を持ってしまうのは日常のあれやこれやに追われて余裕がないからか

  • koi********

    4.0

    真摯な学びに共感

    二コラ監督は入院経験があり、看護師たちの献身的な仕事ぶりにリスペクトした経験が、このドキュメンタリー製作に繋がったとの予想は当たっていたみたいです。ワタシも長期の入院経験があり、監督の看護師に対する目線と、それを目指す生徒たちへの応援の気持に、大いに共感しながらこの映画を観ました。本作の後半の生徒各人と講師との1対1の面談で、話される生徒たちの本音の悩みや決意や葛藤と、それに答える講師たちの、成程と思わせるアドバイスに大いに納得させられました。「人生は学びと喜びの連続である」というメッセージが伝わる良い映画でした。

  • ken********

    4.0

    看護師って大変

    看護師の卵たちのドキュメンタリー。 看護師って大変だなあと、あらためて思った。看護師の卵たちのカウンセラーとのやりとりで、なおさら感じる。仕事への向き合い方が素晴らしい。

  • ali********

    4.0

    ドキュメンタリー系監督が描く看護師の仕事

    日本なら感動的なストーリーを作る(ときに白けてしまう?)テーマですが、これはドキュメンタリーということで、リアルな作りでありつつ(ある故に)感動的な場面が生まれます。 看護師さんは、人のために奉仕する意欲と、誤りが許されない専門性がともに求められる仕事の典型で、そんな職業を目指す若い人々がどう教育され、どう育っていくかが分かります。フランス人は能力はあるが個人主義的なイメージなので、人に尽くす仕事はややむずかしいのか、逆に個人として自発的な職業意志を持つのか、興味のあるところ。後者だと推察したいですが。 また、この映画には、アフリカ系など非白人の(フランス語はうまい)人々もたくさん登場し、「親の望みを実現したい」といった言葉も聞かれます。看護師の待遇や労働条件は、専門職として保障されるのでしょうが、厳しいとも言われる日本と比べてどうなのか気になるところです。

1 ページ/1 ページ中