ここから本文です

上映中

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 (2020)

監督
京極尚彦
  • みたいムービー 191
  • みたログ 528

4.42 / 評価:430件

テンポが良く、中盤からの盛り上がりが最高

  • yuu***** さん
  • 2020年9月17日 2時26分
  • 閲覧数 1035
  • 役立ち度 19
    • 総合評価
    • ★★★★★

過去作品全部観てきてる
しんちゃんファンです(*´ω`*)


個人的に前作のがいまいちだったのと
今作も予告が微妙かな?と思ったから
あまり期待せずに観たら


なんと今年は当たり作でしたっ


前半はのんびり~に普通な感じでしたが

退屈はなくテンポよくみれました。

そして中盤からの盛り上がりが最高でした。
でかいアリの怪物なり、マツケンさんばなり、
恒例のギャグやドタバタが盛りだくさん(笑)


かと思えば、大人達の手のひら返し
しんちゃん映画特有の
現代社会の問題がここで表現されたんじゃないでしょうか
みんなが一人を責める
ネット社会の怖さの部分を連想させました。
みえさの『子供に甘えるんじゃない、自分のことは自分でなんとかしろ』

ゆうまの『助けてもらったのに、逃げるのか』

大人へのメッセージが響きますね


ゆうまの母親がシングルマザーなとこなんかも現代社会ってかんじ。





そして感動の部分も
ナナコがしんちゃんを助けるため消えてしまうとこ
ぶりぶりざえもんが消えていくとこ(過去作品を思い出して懐かしかった)
パンツも消えていくところ

全部泣いてしまいました。

しんちゃんの『もう、これ以上仲間が消えていくのはいやだぞ』は、グッと来ましたね



しんちゃんが懐かしい道具で大きなラクガキ書くシーンも、ワクワクしました。



あと音楽も今回良いなと思いました
お姫様も可愛い(*´ω`*)


そして最後の王の本来の姿(笑)








◯総評◯


歴代作品の中でもベスト6、7くらいに入りそうです。
話のテンポが良くて
しんちゃん映画の定番なところ、ギャグ、笑い、現代問題、シビアなとこ、感動が
バランス良く入っていたんじゃないかなって思いました。


作りてのしんちゃん愛が感じられた気がしました。


しんちゃんの声優が変わってからは、少し別物としてみようと思ったこともありましたが

今の声優さんにも愛着がでて慣れてきたのと、しんちゃんの声優さんたちは
人物がかわっても声質かわらないで
イメージが崩れないまま観れるので嬉しいです。




今回の映画を観て
かわらない懐かしさと、新しい取り組みが絶妙にマッチされた気がして
これからもしんちゃん映画を見続けたいって気持ちになりました*´ω`*

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ