2021年10月8日公開

宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-

912021年10月8日公開
宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-
4.2

/ 319

54%
28%
10%
3%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(121件)


  • zer********

    5.0

    良い!

    これぞヤマトって感じ。敵は問答無用の悪いヤツって感じがいい。ヤマトの若手の反乱にはどんだけ管理システムが甘いのかとツッコミを入れたくなるがそこはヤマト。(笑)古代の「なんで相談しない?」には笑ったがじゃあどうしたんだ?というツッコミたいがそれもヤマト。ヤマト参上はあの音楽とともに感動が蘇ったが古代が自らコスモタイガーに乗らなかったのが残念。(笑)

  • ber********

    3.0

    油断できない

    前2202シリーズがエスパー系だかなんだかのよくわからん内容に傾倒して超絶つまらなくなったことを考えると、まあ普通に戻ったかなという感じ。 でも油断ならない。 前シリーズも最初はいい感じに期待させてくれたから。 この続きが面白くなることを切に望んでいます。

  • mak********

    5.0

    前後編良かった

    (*^_^*)1回目はストーリーを追って、2回目は画像や人間模様を楽しめました。勢いのある楽しい作品でした!

  • アルピ

    2.0

    ネタバレ福井さんの新たなる旅立ち

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tuc********

    4.0

    ネタバレヤマトとは義理人情の物語である。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shi********

    1.0

    なにもかも薄っぺらい

    評価が高かったので期待してたら、ハードルあがった分ガッカリ度も凄かったです。 ごたくをこねくりまわす福井晴敏節はもうお腹いっぱい。 いろいろ意味を持たせたい感じですが根本が薄いので救いようがありません。 個人的には評価3ぐらいですが、 (作品1、ヤマトファンとしての上積み分2) レビュー評価高すぎなので平均を下げるために1とします。 正直1700円払って観る価値ありません。

  • tub********

    4.0

    ストーリーは良かったです。

    ストーリーは良かったです。 後編が楽しみで仕方ありません。 不満は戦闘シーンと演出 冒頭の戦闘シーンで言えば、せっかく奇襲をかけているのに、 すでに対空砲火が始まってる。 雷撃が画面反対側に着弾し、爆発炎上のみで破損描写がない。 デウスーラの主砲が発砲シーンだけで、敵艦に着弾してるシーンがないって ほかもありますが、ネタバレになってしまうので、とりあえず冒頭シーンのみで。 箱舟か2199並みの戦闘シーンだったらと思いました。

  • s_t********

    5.0

    原点回帰が嬉しい

    特殊な能力をもったヒーローではなく、自分の役割を精いっぱいの努力で果たしていく”利他”の心をもった普通の人たち。かつてのヤマトが見せてくれた世界を再び感じることができた。女性たちの描き方も本作品が一番好感を持てた。素直に嬉しい。

  • yum********

    2.0

    ネタバレここまで酷い構成も有ったもんだわ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mai********

    4.0

    どうなるんだろうと思いきや

    旧作で言えば『新たなる旅立ち』と『III』の合作。 まさかこういう展開にまとめていくとは。 ボラー連邦がいて 暗黒星団帝国がいて ガルマン星とガルマン人がいて 太助や土門がいてこの展開。 巧いとしか言いようがない。 しかも今回は小艦隊としての行動。 艦橋での人間ドラマがヤマトの特徴なのに 敢えてメインキャストを別の艦に乗せてしまう。 思い切ってるし、それが功を奏してる。 新乗組員と新艦長古代との関係性という話に集約できてる。 その上で暗黒星団帝国の襲来。 さぁこの続編は如何に? 『2202』は最後の最後にガトランティスの存在を変なものにしてしまったので それが作品をイマイチにしていたけれど 暗黒星団帝国は元々………これをどのように活かすか? 脚本さんの手腕に期待したいです。 2021年10月17日MOVIX伊勢崎で鑑賞

  • bon********

    5.0

    ありがとう!!

    日頃決してレビューなど書かないのですが、本作品は素晴らしかったです。というのも2202で瓦解したヤマトの世界観を伏線を回収しつつ、見事に修復してくださいました。監督ありがとうございます。絶対おすすめ。是非ご覧ください!

  • iry********

    4.0

    持ち直しました

    2202では酷評しましたが、今回はとても良いリメイクでした。 福井氏を見直しました。 この調子でリメイクを作っていってもらいたいですね。

  • ドクター眠眠

    4.0

    リメイクの方向性が固まった感じ

    オリジナル、2199,2202、各作品の新要素、キャラクターをまんべんなく配置して、旧作のストーリーに落とし込んでいてバランスがいい感じ。藪の話とか良かったな。コスモバイソンも良かった。演出もいい意味で変わった。これから、リメイクを超えて、新しいヤマトへ進んでいくのか?楽しみです。リメイクからリブートへという感じ。2月がまちどおしい。

  • bgegj

    3.0

    最後の古代達の独断専行が残念

    古代達が独断専行でイスカンダルを助けに行ったことで暗黒星団帝国と敵対してもし次回作で旧作みたいに暗黒星団帝国が地球に侵略しにきたら古代はどう責任を取るのだろうか?旧作は長官から地球を救ってくれたイスカンダルを助けろと命令があったのでまだ説得力があったけど今作はヤマト3の古代の過ちをまた繰り返していて残念。旧作みたいに地球を救ってくれたイスカンダルを助けろと政府が古代に命令したほうがよかった。せっかく国民が時間断層を潰してまで古代を助けることを望んだのにその古代が地球を危険にさらしてるのがなぁ。

  • blu********

    4.0

    ネタバレ2202からよく立て直した

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 八丈島のキュン

    5.0

    これが戦艦ヤマトだ、日本の男の船だ。

    終盤の盛り上がり方に感極まって泣きそうでした! 最初はちょっと退屈かなと思って見ていたのですが、中盤からエンディングにかけて加速する物語に、序盤の布石も効いて若くない心に感動やワクワクが抑えられませんでした。 変に改悪された歌もなく物語も2202の続編にふさわしい内容でした。 自分は初期の男臭い宇宙戦艦ヤマトが好きですが、そんな私が見ても満足できる内容です。 ヤマトが好きな人ならぜひ見てみてください。

  • 4.0

    ネタバレ諸君、これが我々のヤマトだ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bru********

    5.0

    リメイクシリーズの到達点

    十字架を背負うような作業である実写版や2199と2202のリメイクは誰がやっても過度の非難が出るだろう。しかし、ここから先は背負うものが無い。だから、名作になる可能性は感じていた。しかし、ここまでやってくれるとは思わなんだ。 とにかくキャラクターの創り込みとドラマの深掘り、そして音楽が素晴らしい。もしかして、若い世代にヤマト人気が復活するかも?

  • fwo********

    4.0

    まだ安心できない、

    確かに物凄く面白かった。でもまだ信用できない。2202もはじめは物凄く面白かった。でもどん底に落とされた。面白くないとかじゃなく、やめてくれーと叫びたくなるような内容だった。で、その要因が、古代のジメジメした性格とズォーダーが愛とか叫びだしたから。そして今回も古代はジメジメしている。そして敵は真裸で登場してなんかグダグダとつぶやいてる。不安だ。

  • tra********

    3.0

    あら、面白いじゃん。

    2199でノスタルジーをくすぐられつつ、深みを持たせてもらったものの、2202では正直落胆していました。旧シリーズではがっかりさせられていた蛇足のエピソード。正直期待してなかったけど、さにあらず。面白いじゃん。 ヒュウガ、アスカへとヤマトのクルーを分散させ、新クルーが過密状態にならなかったのもよかったかな。 芹沢さんが嫌なキャラから好キャラに変わってましたね。一方(なんか理由があるにせよ)難民の保護に消極的で「儀式を済ませぬよそ者を入れるわけにはいかない」とスターシャが嫌なキャラになってました。 旧作では反乱の末命を落とす薮の新シリーズでのエピソードに期待。せっかく理解し合えたデスラーとヒス。もう少し膨らませて欲しかったかな。 後編にも期待します。

1 ページ/7 ページ中