2019年9月27日公開

劇場版 そして、生きる

1352019年9月27日公開
劇場版 そして、生きる
3.9

/ 131

31%
44%
16%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(23件)


  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレあなたが生きててくれて、良かった。これからもしっかり生きてこうね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 名前未設定

    1.0

    ネタバレ最低

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mam********

    2.0

    なんでこんなに高評価なの?

    キャストはとても良かった。 有村架純の自然な演技、 坂口健太郎、やっぱりかっこいいなぁ。 とはいえ、後半に行くにつれての違和感…。 最後の「今でも大好き」 これは、わかる。 人として好きだというこの気持ち、恋愛相手だった人への感情をそういう形に昇華させて認めたことの清々しさ、わかる。 でもさ、清隆との絆は、圧倒的にハンちゃんとの方が強い気がする。 順番を大事にするならば、確かに先に惹かれあった瞳子なのかもしれないけど、2人がたまに過ごした時間はあまりにも短いし、2人で何かを乗り越えたとか、結びつきが深まっていく過程が全く感じられない。妊娠したかもしれないけれど、それを話し合わずに向き合ってない。単に、実の両親を亡くした共通点があり、見た目が良い相手に惹かれたっていう大学生にありがちな恋愛の一つに見える。 ハンちゃんは、傷ついた清隆に寄り添い、5年くらいは共に生活している。旅の予定を中断し、一緒にお店を始めたり、元カノの事実を知りぶつかったり、どう考えてもこちらとの方が絆は深い。なのに瞳子とは運命の相手みたいな描かれ方、確かに有村架純の圧倒的ヒロイン感と、知英の2人の過去を知っておきながらの横取り感から、瞳子とうまくいくべきなのにそれが叶えられない悲恋みたいになってるのが釈然としない。

  • aou********

    4.0

    ネタバレタイトル通り。そして、生きる。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wys********

    4.0

    ネタバレこんなことって

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • FM TOWNS

    4.0

    生き続けることは受け入れること…

    なるほど連続ドラマをぎゅっとした感じの映画だったのか… でも、『生』あるものの義務としての生きる姿は「個々の成長物語」であり「個々の人生物語」でもあるので、色々と考えさせられつつも興味深い内容でした。 若干、思い当たる節もあったので勝手にダブらせて見た分、映画への感情移入度は高かったです。 何が正解かは置いておいて、生きていれば色んな出来事が通り過ぎて色んな想いを馳せながらも「前を向いて歩く」ことを再認識させてくれる映画でした。 知英って方の演技を始めて見ましたが、途中まで日本人かと思ってたぐらい分かりませんでした。あのグループの子だったんですね。これからもファイティンして欲しいです。

  • Hassy

    3.0

    ネタバレこれでいいのか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    5.0

    ネタバレ強く逞しく生きる女性

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kat********

    3.0

    じんわり残る切なさとあたたかさ

    優しい雰囲気とテンポです進んでいきます。有村架純と坂口健太郎…後半での再会では、再び結ばれて欲しいような、欲しくないような…そんな気持ちで見ていました。切ない淡い気持ちと、ほんのりあたたかい気持ちになる、心にじんわり残る映画でした。観て損はない映画だと思います。

  • bui********

    1.0

    イライラ

    始終イラっとする映画でした いい子ぶってんじゃねぇよって言いたい

  • mai********

    5.0

    出会いと別れの繰り返し

    心に抱える喪失感 見えない自分が生きる意味 震災でその事を心に抱いて生きている人がどれだけいるのでしょうか? 傍目にはわからず心で泣いている人が… 清隆と瞳子の2人の日々。 それはお互いの心の虚しさの空間をお互いの存在で埋め合う日々だったのでは。 小さな頃から心にポッカリ空いた穴を埋められずに 自分の生きる意味をその穴に問いかけ続けていただろうから。 痛みを分かち合い、ここに居てイイと、生きていてイイという思いを 心の穴に満たしあえたから2人別々の道でも大丈夫。 愛し合い 寄り添い合い 添い遂げ合うだけじゃない繋がり。 あなたが生きているから私も生きる。 ただそれだけがどれだけ大切な事か。 恋愛という愛情だけじゃない、2人の深い所での結びつきに感動しました。 2020年1月2日シネマテークたかさきで鑑賞

  • kom********

    5.0

    最初から最後まで泣き通しでした。

    自分は岡田さんとは相性がいいのか、ひよっこ、ど根性ガエル、少年寅次郎と、ことごとく泣かされてしまう。登場人物のそれぞれのやさしさが次々とおそってきて、とてもたえられませんでした。ラストもものすごくいい終わり方で、傑作といっていいでしょう。2時間中8割は泣いてました。誇張なしで。

  • col********

    4.0

    ネタバレ3回泣いた (TДT) 叶わぬ恋には敵わない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wat********

    5.0

    俳優の自然体の演技がすばらしい。

    白黒つけるには難しい人の心の機微を、ここまでことばにのせてセリフにするのは相当難しい。脚本家の岡田恵和氏は、NHKの少年寅次郎も書いていることを思えば納得がいく。有村架純ちゃんがこんな自然体の演技ができることを初めて知る。相手役の坂口健太郎くん、知英さん、岡山天音くん、いったいどんな状況で撮影が進んだんだろうと思わせるくらいの感動的自然体セリフ。 物語も切ったハッタの愛憎劇とはまるで違う、大人として自立してゆく成長の物語。しかも、時を経て再び出会ってお互いの成長をかみしめあって分かれゆく握手のシーンは秀逸。この映画が、なぜこんな片隅でひっそり上映されているのかがわからない。金と宣伝力が幅をきかせる中で、こういう映画が日の目を見ることを願う。あえて言えば、これほどBGMは必要ない。映像とセリフが力を持つシーンであえて盛り上げる必要はないとおもう。

  • kab********

    5.0

    優しい気持ちになった

    誘われて仕方なく観ましたが、いつのまにか引き込まれてしまい、切なくて何度も込み上げてくるものがありました。 役者の演技も自然で新鮮に感じた。 そして最後は優しい気持ちになれる素晴らしい映画でした。映像が綺麗で心が洗われるようで東北に行ってみたくなりました。

  • mag********

    5.0

    ネタバレ代表作になるでしょう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mat********

    5.0

    感動

    震災と家庭環境や生きるという意味を考えさせられます。 感動の作品です

  • sat********

    5.0

    号泣シーンが次々と

    俳優さんたちの演技とは思えない自然なセリフや表情が現実感を出しています。連続ドラマでも見ましたが、編集はストーリーを崩さず、号泣シーンが次々と繰り出され、涙腺崩壊回数が最高値の映画になりました。

  • cin********

    5.0

    素晴らしいドラマ

    WOWOWでドラマ全5回鑑賞済みです。号泣必至の素晴らしいドラマでした。泣けるイコール素晴らしい物語ではないと思うが、もの凄く感情を揺さぶられた物語だった。 で、ダイジェスト版を公開って。一つもカットして欲しくないドラマなのに二時間強に編集ですか。映画版で満足した人は是非とも完成版とも言えるドラマの方も見て欲しい そして有村架純の女優としての進化、坂口健太郎のイケメンだけではない演技の確かさも堪能出来るはずです。と言うか演者全ての演技が素晴らしいんですよー 映画も見ていないのに出しゃばったレビューすみませんでした

  • kai********

    5.0

    いい映画だった……。

    時間は流れ続けて、ひとりひとりが自分の人生を自分から切り離さずに懸命に生きてた。 みんないいやつで弱さも愚かしさも幸せになろうとする強さもある特別でないただの人で、涙がでた。

1 ページ/2 ページ中