ここから本文です

劇場版 そして、生きる (2019)

監督
月川翔
  • みたいムービー 83
  • みたログ 140

3.94 / 評価:116件

解説

2019年8月に放送されたドラマに、未公開シーンを加え再編集した劇場版。東日本大震災後の気仙沼で出会った男女が惹(ひ)かれ合う。監督は『君は月夜に光り輝く』などの月川翔。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」などの有村架純、『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』などの坂口健太郎が主演を務め、知英、岡山天音、萩原聖人、光石研、南果歩らが共演した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

3歳のときに両親が他界した生田瞳子(有村架純)は、盛岡に暮らす伯父に引き取られた。彼女はのびのびと育ち、地元でアイドルとして活動したことも影響して女優を夢見るようになる。やがて19歳になり東京でオーディションを受けようとするが、出発前日に東日本大震災が発生する。その後働き始めたカフェの同僚の韓国人女性ハン(知英)と気仙沼でのボランティアに参加し、学生ボランティア団体を運営する大学生・清水清隆(坂口健太郎)と出会う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ