2019年11月15日公開

エンド・オブ・ステイツ

ANGEL HAS FALLEN

PG121212019年11月15日公開
エンド・オブ・ステイツ
3.8

/ 1,216

23%
44%
27%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

テロ事件から世界を守ったシークレットサービスのマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)は、過酷な職務のため満身創痍で、引退を考え始めていた。ある日、休暇中のトランブル大統領(モーガン・フリーマン)が大量のドローン爆弾に襲撃される。攻撃の最中意識を失ったマイクは、目を覚ますと大統領暗殺を企てた容疑者としてFBIに拘束されていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(196件)

勇敢20.1%かっこいい18.4%スペクタクル11.4%パニック10.4%楽しい8.3%

  • jra********

    4.0

    よかった

    ここにレビューを見に来て気づきましたが、これシリーズだったんですね。 前作は見たことあったのに完全に忘れていて気づきませんでしたが、今作だけを見ても面白かったです。 現実でもドローン攻撃のことを耳にするようになりましたね。

  • act********

    3.0

    あくまで娯楽映画だけど

    3年前の公開作品なのに見逃していて先日のテレビ放映で観たのですが、描かれている戦闘シーンが現在進行中のロシア・ウクライナ戦争を想起(ストーリーは別にして)されられましたよ。技術的な仕掛けはあるのでしょうが、映像作品の進歩は目覚しいですね。

  • zec********

    4.0

    正面突破テロリスト すごい

    親父さんがすごい。 テロリストも手際がいいね。 逃亡期間が少しテンポ悪かったかな。

  • tok********

    4.0

    ネタバレまるで漫画みたい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • me_me

    4.0

    無敵の男にも弱点がある。面白かった。

    シークレットサービスの職務を全うし続けたが、引退を考える最中、大統領暗殺を企てたとして汚名を着せられるバニング。今作品は、家族という存在がキーポイントで、個人的にはシリーズの中で一番だった。 失いたくないし、心配かけたくない妻子。そして昔自分を捨てた父親の登場。 病み上がりの大統領がいやに元気すぎるのと、爆破シーンのCGが不自然だったのが気になったが、それ以外は楽しめた。映画制作側がギャグにしたいのかわからない、親子のわちゃわちゃ感も、微笑ましかった。 傭兵集団対シークレットサービス。 かっこよさの中に泥臭さがあって、いいアクション映画だった。 最初の敵のドローン攻撃は圧巻。 「大統領を守れ!」若者を鼓舞する、この言葉にも痺れる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
エンド・オブ・ステイツ

原題
ANGEL HAS FALLEN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日