レビュー一覧に戻る
再会の夏
2019年12月13日公開

再会の夏

LE COLLIER ROUGE/THE RED COLLAR

832019年12月13日公開

みやっちんぐみやちこ先生

4.0

勲章というつまらないものに振り回される

千葉劇場で映画『再会の夏』を観ました。 1919年、第一次世界大戦後のフランスで戦争の英雄モルラックは一転留置場に収監される。 そんな彼を軍法会議にかけるかを判断するためランティエ少佐が軍判事としてやってくる。 少佐は、留置場の前で吠え続ける一匹の犬に興味を抱く。 調査をするうちにモルラックには学識が豊かな恋人がいることが分かり…という物語。 大戦の英雄が収監される理由が、後半出てきますがそんな事で?と思いますがそれも戦争の怖さかと思いました。 そして、20年後にまた第二次世界大戦が始まるという全く懲りないのが人間…。勲章というつまらないものに振り回されるそれが戦争。 戦争(防衛費という言葉で逸らしていますが)に使うお金があったら福祉にまわして!と思う映画でした。 #千葉劇場 #大戦 #第一次世界大戦 #第二次世界大戦 #フランス #ベルギー #再会の夏 #ゴンクール賞 #ボースロン #勲章

閲覧数515