レビュー一覧に戻る
再会の夏
2019年12月13日公開

再会の夏

LE COLLIER ROUGE/THE RED COLLAR

832019年12月13日公開

joz********

2.0

いくら犬好きでも

第一次世界大戦で心に傷を負った兵士と、忠犬の話。 原題は【Le collier rouge】赤い首輪という意味だそうです。 所謂いい話。 しかし、料理が下手で、テンポも悪い。 何の感動もありませんでした。 【最強の二人】の身体障害者を演じたフランソワ・クリュゼが主演。 ただワンワン吠えるだけの黒色大犬。 いくら犬好きでも、感情移入は難しいでしょう。 まあ、戦争が招いた悲劇ですが、兵士の了見の狭さが引っかかる。 ご存知の通り、終戦の引き金を引いた大きな原因の一つが、ロシア革命。 当時、フランスも共産主義にかぶれていました。 インターナショナルの歌を歌う場面など、その辺の事情を知らないと分からないかも。 ・・・・・・・ 繰り返しますが、料理が下手くそ。 例えば、兵士が読書に目覚めるところの説明が中途半端。 レジオンドヌール勲章が与えれれるほどの活躍をしたか? 銃殺に匹敵する罪を犯したのに、少佐個人だけの判断で釈放するか? 犬は赤い首輪をしていなかったと記憶するけど・・・。 赤は共産主義を表し、そのくびきとしての危険性を表現したのだとしたら、全く失敗に終わっています。

閲覧数430