レビュー一覧に戻る
リンドグレーン
2019年12月7日公開

リンドグレーン

UNGA ASTRID/BECOMING ASTRID/YOUNG ASTRID

PG121232019年12月7日公開

pop********

3.0

ネタバレ若き日のアストリッド・リンドグレーン

「長くつ下のピッピ」を生んだ作家が、今よりずっと寛容でない、キリスト教の信仰に沿って暮らす第二次大戦前の田舎町で 10代でシングルマザーになっていたなんて知らなかった。 そして、100年近く経った今も、日本では同じようにシングルに理解が無く、多くの女性たちが子供を抱えて責任を負って暮らしていることに絶望的になった。 アストリッドは隣国デンマークに赤ちゃんを預け、やがて引き取り、自分の手で育てていく。 出産から引き取るまでの三年間、子供が育ての親をママだと認識してしまうその期間のエピソードも、一つ一つに心が引き裂かれそうになった。 リベラルで自由で、なにより文才がある彼女が、何ものにもに屈することなく、その後数々の名作を書いたことに驚く。 それはとても素晴らしいことだけれど、女性というだけで苦しまなくてもいい社会が訪れて欲しいと願う。 追記・3歳の子供の演技力がすごい! 信じられない!

閲覧数449