ここから本文です

リンドグレーン (2018)

UNGA ASTRID/BECOMING ASTRID/YOUNG ASTRID

監督
ペアニル・フィシャー・クリステンセン
  • みたいムービー 91
  • みたログ 60

3.83 / 評価:46件

なにかモヤモヤする

長くつ下ピッピの作者の半生記だが、まず結婚しなかった理由がよくわからなかった。
紆余曲折はあったにしても男は正式に結婚を申し込んだのではないか?
本当に彼と一緒になりたかったのか?

それに子供との別れも、保守的な周囲の環境での宗教や家族もからめていろいろと描かれてはいたが、私には説明不足に感じたのでヒロインに対しての感情移入が出来なかった。

仮に真実は不明であるにしても、映画なのだからもう少し納得出来そうな理由付けがほしかった。
子育ての一番しんどい時期を人柄の良いデンマーク人に任せ、2歳過ぎになってから子供と一緒になった点もちょっとズルいと思った。

たまにエキセントリックな態度を見せる事もあるヒロインに対して、暖かい眼差しがあまり見られず、もしかして、この監督さんって彼女の事が好きではないのではないか?と感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ