ここから本文です

リンドグレーン (2018)

UNGA ASTRID/BECOMING ASTRID/YOUNG ASTRID

監督
ペアニル・フィシャー・クリステンセン
  • みたいムービー 91
  • みたログ 59

3.82 / 評価:45件

解説

「長くつ下のピッピ」などで知られるスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの伝記ドラマ。若いころの彼女が歩んだ激動の半生が描かれる。メガホンを取るのは『愛する人へ』などのペアニル・フィシャー・クリステンセン。ドラマシリーズ「ザ・レイン」などのアルバ・アウグストのほか、『ミレニアム』シリーズなどのマグヌス・クレッペル、『孤高のスナイパー』などのトリーヌ・ディルホムらが出演する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

アストリッド・リンドグレーン(アルバ・アウグスト)は、豊かな自然に囲まれたスウェーデンのスモーランド地方で、兄弟たちと共にのびのびと暮らしていた。思春期を迎えた彼女は、教会の教えや保守的なならわし、男性との社会的格差に違和感を覚える。あるときリンドグレーンは文章力の高さを認められ地方の新聞社で働くことになった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ