ここから本文です

嘘八百 京町ロワイヤル (2020)

監督
武正晴
  • みたいムービー 156
  • みたログ 450

3.45 / 評価:355件

新鮮味が殆ど感じられんかったな

  • fg9******** さん
  • 2021年2月18日 14時18分
  • 閲覧数 127
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『かつて堺で千利休の幻の茶器をめぐって大勝負に挑んだ古物商の則夫(中井貴一)と陶芸家の佐輔(佐々木蔵之介)は、思いがけず京都で再会する。
 彼らは、そこで出会った着物美人の志野(広末涼子)の思いにほだされ、武将茶人・古田織部の幻の茶器にまつわる人助けをすることになる。
 そして有名古美術店や大御所鑑定家、陶芸王子、テレビ番組を巻き込んでいく。』
 前作はそれなりに愉しめたので観てみたが、大筋の流れは前作と同様の騙しっこなので、新鮮味が殆ど感じられんかったな。
 そんな中、広末涼子の着物姿が奇麗だったので観続けていられたが、役柄がルパン3世の峰不二子的だったのは在り来たりだったかな。
 ラストのテレビ番組を巻き込んでのエピソードは面白そうと思ったら、幽霊話を絡めてきたので興覚めだったな。
 中井貴一と佐々木蔵之介の軽妙な演技を愉しむだけの作品で、観て損まではしない程度の2.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3919件、2021年度25作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ