ここから本文です

花と雨 (2019)

監督
土屋貴史
  • みたいムービー 13
  • みたログ 41

3.39 / 評価:28件

解説

ヒップホップMC、SEEDAのアルバム「花と雨」を原案にした青春ストーリー。周囲になじめない若者が、ヒップホップによって困難な現実を乗り越えようとする。メガホンを取るのは、数々のテレビCMやミュージックビデオを手掛け、本作が長編映画初監督作の映像作家・土屋貴史。主演を『このまちで暮らせば』などの笠松将が務め、大西礼芳や岡本智礼らが共演している。SEEDAが音楽プロデュースを担当。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

幼少期をイギリスのロンドンで過ごした吉田(笠松将)は、日本の閉塞的な空気が嫌で、学校と距離を置くようになっていた。あるとき吉田はヒップホップと出会い、ラッパーとして活動を始めるが仲間に裏切られ、気が付けばただのドラッグディーラーになっていた。吉田は逮捕され、追い打ちをかけるようにある悲劇に見舞われる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ