ここから本文です

X(エックス) 謀略都市 (2018)

X.

監督
ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 19

2.69 / 評価:13件

重く淀んだ雰囲気だけは悪くない

  • fg9***** さん
  • 2020年6月9日 13時48分
  • 閲覧数 241
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

…在宅勤務で映画三昧の日々を過ごし、レビューが一杯溜まってしまったので、ザックリと書くことにする。
 …あらすじは解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。
 『ハンガリーのブダペスト。
 同僚だった夫の自殺を目にしたのが原因でパニック症候群を発症し、死体を見られなくなった殺人課の刑事エーヴァ(モーニカ・バルシャイ)は、閑職に回されていた。
 あるとき死亡事故が連続して起こり、事件性はないと判断されるが、釈然としないエーヴァは独自に捜査を始める。
 彼女は新任のペーテルと共に、現場に残された謎のメッセージを手掛かりに調べを進める。』
 レビュー数は未だ0件だ。
 全く人目に付かない作品なんだな。
 パニック症候群を発症した刑事エーヴァは、確かに鋭い観察力を持っていたが、容疑者を前にして拳銃を撃てないし、それどころか、狼狽えて容疑者に拳銃を奪われてしまう始末だ。
 頭脳は明晰でも、こんな精神状態の刑事を現場に出すのは愚行と言うしかなく、以降、そのことが気になりっぱなしで、犯人らしき黒幕が暴かれていっても、チットモ感心しなかった。
 ブダペストの街並みを上下逆さまに映し出したりして、スタイリッシュな映像を気取っていたが、何度も何度も同じ手法を使うので、終いにはウザったくも感じてしまったな。
 こんな感想しか書くことはないが、重く淀んだ雰囲気だけは悪くなかったので、観て損したとは言わない程度の2.2点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3675件、2020年度118作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ