ここから本文です

漫画誕生 (2018)

監督
大木萠
  • みたいムービー 33
  • みたログ 26

3.78 / 評価:18件

いろいろと興味深い

  • zem******** さん
  • 2020年4月8日 12時04分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

素晴らしい映画でした。
特に、楽天(イッセー尾形)と検閲官・古賀(稲荷卓央)のやりとりが軽妙と沈思の空気、感情と論理のぶつかり合いが絶妙でした。ハラハラ、ドキドキ、ムカッから笑いへと観ているこっちが感情のジェットコースターに載せられたかのような演出は秀逸でした。ストーリーのベースがここになり、この二人のやりとりから楽天の過去の回想を紡いでいく展開になります。正直、ここのところで登場してくる役者さん達の演技なのか演出なのかはもう少しどうにかならんのかなあという思いは否めませんでした。
戦争が敗戦に向かう時代背景ですが、重苦しさはさほどなく、いや、それを笑いに変えるような演出とか、楽天が活躍した時代なども割とフラットに表現しているので軽い気持ちで観られます。

画のとり方、観せ方にもいろいろと工夫が感じられました。
こういう時勢で残念なのですが、鑑賞の機会がありましたらぜひ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ