ここから本文です

ばるぼら (2019)

監督
手塚眞
  • みたいムービー 481
  • みたログ 740

3.70 / 評価:615件

マジか?手塚治虫のタッチでこの内容!?

  • sou******** さん
  • 2021年4月5日 14時54分
  • 閲覧数 657
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

カメラ、ウォン・カーウァイ作品で撮影した人なんね。どうりで素晴らしい。

音楽も良いと思うんだ。

ストーリーや演出だよなぁ…。
悪いんじゃないんだ。むしろ、序盤は大好き。妄想だか現実だか、ワケわからない状況のファンタジー的で。
奇妙な女ばるぼら。商業的で中身の無い小説を書く作家。2人を繋ぐ関係性とか、魅力的で挑発的でユニーク。僕は、かなり好きだ。

ファンタジーに呪術みたいな出来事が重なっていく毎に、この話って何処に向かっているの?と不安になる。
イカれ女と突き進むイカれた状況から、ソレ系に進むの!?の儀式…。
なんやろうなぁ…ばるぼらと進む物語の世界から切り離されたような気分になる。もちろん鑑賞側の感情として。
狙っているのか、僕好みじゃないのか…。儀式以降の時間の大半は、気持ちの上で落とし所が見つからない。

ただ、逃亡先の首を絞める二階堂ふみの表情が良い。そして、屍姦とカニバリズム…。おお…ここに至っては、ちくま発行の書籍辺りにありそうな、人の心理ってどこまで深く潜るんや!?的で興味深い表現。
と言う事で、終盤は好き。

で、ここで終わるんかぁ…の大胆さ。

物語の起伏と湧き上がる感情の戸惑い…。誰かにオススメする時に、なんと言えば良いのやら。

俗物的に、二階堂ふみの濡れ場が良いとでも言う?

それとも…

新しい地図の行き先って自由なんやなぁ、と気付いた。僕は、ジャニーズ卒業おめでとうと言いたいね。って感じで如何?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ