ここから本文です

男と女 (1966)

UN HOMME ET UNE FEMME/A MAN AND A WOMAN

監督
クロード・ルルーシュ
  • みたいムービー 353
  • みたログ 1,231

3.90 / 評価:392件

最高レベルのつまらなさ 退屈 面白くない

  • kaz***** さん
  • 2019年7月19日 11時20分
  • 閲覧数 658
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

レビューの点数が高く、一概に高評価だったので観るにいたったのだが、私には全く合わなかった。私に対して全く受け付けませんという感じであった。有名なダバダバダ、ダバダバダの音楽。ムードミュージックをバックにかけて、はてまた歌詞のついた感じの良い曲を流して、主演のイケメン男優と美人女優が仲良くなっていく過程を映し出すことにより、観る側の感性をくすぐりたいという監督の思いは、私には全く届かなかった。
最後の方で、一旦女の方から愛想をつかしてさよならしたのに、男の方が車で先回りして、電車の駅で待ち伏せ。また抱き合う。なんじゃこりゃ。美人にくらくらしたダメ男のこのさま。アホちゃう。と感じた次第でした。
典型的なハズレのフランス映画と思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ