ここから本文です

男と女 (1966)

UN HOMME ET UNE FEMME/A MAN AND A WOMAN

監督
クロード・ルルーシュ
  • みたいムービー 410
  • みたログ 1,305

3.90 / 評価:434件

現代の刺激に慣れすぎて、、ちょっと退屈

  • nefertarimeri_en_mut さん
  • 2020年9月21日 19時57分
  • 閲覧数 249
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画の50年後の続編と続けてみた。

あまりに有名だけど初見。
ああ、なるほど、「男と女」というタイトルだけあって
子供がいても男と女が本能のままに愛に溺れるんですね
さすが愛の都フランス、お国柄~ と思ってみていたがもうちょっと複雑な話だった。

公開当時はきっと目新しいシーンでいっぱいで、
語るより感じさせる描写が物凄く画期的というか、おしゃれだったんだろう。
ただ悲しいかな、50年を経た今は、この映画から模写されたたくさんのシーンを他の映画で見すぎていて、きっと元祖であるこの映画が少し退屈に感じてしまった。

名作!芸術!と語る人の感性が羨ましいけど
これが正直な感想。

ただ本当に美しかった。
アヌークエーメは顔だけ見てもあまりタイプではないけど、
仕草や表情の色香がもの凄い。
当時34歳くらい?日本じゃ34ともなるとばばあ扱い…

年を重ねて磨かれる、にじみ出る様な魅力にはため息がでるし
それを美しいと感じ取る男性も素敵。

そして続編はもっと素敵です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ