ここから本文です

上映中

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (2020)

監督
外崎春雄
  • みたいムービー 2,279
  • みたログ 7,780

4.19 / 評価:6761件

映画館で見るべき

  • lim***** さん
  • 2020年10月18日 20時08分
  • 閲覧数 1511
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アニメ視聴済み、原作読了済み、アニメからのファンです。
アニメも素晴らしい出来でしたがそのクオリティがしっかり維持されたままの映画。最近のFateは勿論ですが、あまりにも最高です。二時間ほどありますが時間はあっという間、原作初見時は初めてのアニメの続き、上弦の登場でまさかの勝利を噛みしめた気がした直後の死に「こんなことある?」と信じられなくてびしゃびしゃに泣いたんですが、結末を知っていても泣けました。
炭次郎が家族に背を向けて夢から醒めようとするところ、炭次郎の心の温かさ、そして煉獄さんのお母さんとの約束と、最後の「禰豆子を認める」と言ったところが特に感動です。煉獄さんは特に私の好きなキャラクターでもない、寧ろ熱血というところでタイプが絶対合わないと思ってるんですが、それでも泣けるくらい悲しく、あまりにも「いい人だ」と感じてしまうのでやっぱりつらいです。今まで漫画も読んできていますが、これほどまでに相手の鬼を、頼むから死んでくれと思ったことはありません。最終の無惨を追いつめるところに煉獄がいれば、みんなが言っている痣の話が今ここであれば。炭次郎が火をもっと使えれば。柱であり、鬼になった者なんているわけがない。もしもなんてありえませんが、兎に角結末よ変わってくれと願わずにはいられませんでした。
ただ、かなり流行ったアニメの映画です。お昼の日曜日に見に行って観客は今のご時世でも満員、しかも年齢層も幅広いので、私が見たときは隣の小学生?がキャラの名前を呟くわ「これだれ?」とか上映中に友達と話すわ解説するわでずっと喋っていてかなり不快でした。地域と時間を見計らって見に行くのも大切かもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ