ここから本文です

上映中

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (2020)

監督
外崎春雄
  • みたいムービー 2,182
  • みたログ 7,283

4.22 / 評価:6330件

映画としての実力値考察

  • kaz***** さん
  • 2020年10月19日 3時30分
  • 閲覧数 1050
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

『鬼滅の刃 無限列車編』について。

令和初 最大級の超ヒット作という イメ-ジで現在
上映されてる事は それ自体は私も嬉しい限りだ。
コロナにて瀕死の重傷である全国の映画館を救う為の
使命を与えられた作品であることも確かであろう。

しかし、あまりに無謀な高評価が続いていることも危惧する。
そんなレベル作品とは思えないし、かといって★1評価も
ありえんでしょう。
映画として私的に考察したいと思います。
まず、パクリネタとは言いませんが、他作の設定を引用している所は
多いのかも。そして新しい方向を持つ作品にした物と感じます。

(類似かなポイント)
・ゾンビ:かまれると鬼になる。首をはねて殺す。
・ドラキュラ:陽に当たると死ぬ。よって夜の決戦となる。
・八犬伝:各武将と魔物との闘い
・三国志:将軍と各柱のイメ-ジ
・ポケモン:水とか雷とか風とか、各ジャンル列挙が相当、技出しなど。
・るろうに剣心:時代背景、剣術、敵の大将およびサブキャライメ-ジ
・おしん:時代背景、貧乏家族、兄弟愛
・バイオハザ-ド:ゲームだけどエンディングで電車脱出で化け物が
 電車全体を覆っていたのあったな。

(これはどうよ的ポイント)
・残虐、惨殺シーン多し、なぜかR指定じゃない。
 幼児・小学生も観ているが、大丈夫かと危惧。
・自分の首切って夢から目覚める。はっきり言って怖い。
・漫画的ギャグを発するも 受けが悪い。滑ってる感じ大。寒い。
・主人公が 正義感多くあり、良い子過ぎる。 
 リアルな人間臭さが無い。
・敵の大将の性格が TVアニメもそうだったが、舐め切った声の
 (暗くて低くて小さい声)イメ-ジが多い。
 悪の性格ももっと多彩であってほしい。
・話が続くので、今作見ただけで総合評価は出しずらい。
 続編を出して、必ずファイナル作品で評価を受けるべき。
・やっぱり作品真似て少年犯罪起こった時、取り返しがつかず
 業界的に全て終わった方向に行く未来が来ないとわ言えない。

(良かったかなポイント)
・正統な勧善懲悪物。しかも王道的作品。
・もうダメという人間の本性(弱気)をさらに超える様に
 再考させ説くあたりが素晴らしい。
 これほど前向きに、モチベ-ションを上げさす意味をもった
 セリフを発する作品は他にないかな。
・必ず死すとき(もうダメ時)親の顔・声等の感触を表現を出す。
 自己の思いと反省。これを表現して死を迎えるのは良い。
 非常に仏教的である。
・漢字、漢字、そして漢字の表現登場。
 日本人として教育上、漢字教育においてこの作品は良い。
・やっぱり日本人として、サムライ 剣士でしょう。
 これが漢字表記と相まって、現代に生きる形で
 キャラや話が出来ている事は良い点と感じます。
・日本人にはわかる(通じる)展開。
 各サブの話のネタが日本人心に宿る宿命的ネタが多く
 この辺りがヒットのきっかけと感じる。

以上かな。星は4程度が妥当と感じるな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ