ここから本文です

上映中

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (2020)

監督
外崎春雄
  • みたいムービー 4,074
  • みたログ 2.1万

4.00 / 評価:17903件

映画単体としては

  • iBoat_studio さん
  • 2021年8月16日 22時33分
  • 閲覧数 1139
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

普段ほとんど漫画を読まず、鬼滅も未読で、アニメのテレビシリーズは観て予習している、という状態での鑑賞。

正直に言って、テレビシリーズから感じたほどの凄みは、感じられなかったなぁ。映画単体としての完成度は、さほど高くなかったように思う。
単純な話を110分以上も、引き延ばしすぎかと。90分弱でテンポ良くやった方がよかった。

下弦の鬼の方は、死ぬ前に身の上話というか、回想シーンがなかったのはなぜだろう。この作品は、仏教的にいうと縁起というか、悪人にもそうならざるをえなかった理由が明確に語られるところが肝、と個人的には感じているので、そこがないと急に薄い内容に見えてしまう。

煉獄さんに深く感情移入するには、もう少し前の(テレビシリーズでの)段階からもっと活躍している必要があったかな。
煉獄さんの思いは、早い話がエリート主義者の言い分、「ノブレスオブリージュ」そのもの(優秀なものには相応の義務がある)であり、それはもっともな意見ではあるが、僕ら庶民が涙するほど共感できる思想であるかというと、どうかな。

むしろ、「100年でも200年でも腕を磨き、共に高め合おう」と呼びかける上弦の鬼の思想に、心を揺さぶられるものがあった。
そこに共感できるかどうかも、観客それぞれの中に、情熱を持って打ち込んでいるものがあるか否か、によるだろうが。。。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ