ここから本文です

上映中

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 (2020)

監督
外崎春雄
  • みたいムービー 3,090
  • みたログ 1.4万

4.05 / 評価:11717件

クライマックスのスケール感が凄い!

  • ron***** さん
  • 2級
  • 2020年10月21日 10時52分
  • 閲覧数 13098
  • 役立ち度 902
    • 総合評価
    • ★★★★★

累計発行部数1億部を突破した吾峠呼世晴の人気漫画を原作としたテレビアニメ「鬼滅の刃」の劇場版。
主人公の竈門炭治郎と仲間たちが“無限列車”に乗り込むシーンで幕を下ろしたアニメ「竈門炭治郎 立志編」の最終話からつながる物語が展開する。
鬼に変貌した妹の禰豆子を人間に戻すため“鬼殺隊”となった炭治郎が、数十名が行方不明になっているという無限列車を舞台に、過去最強の敵となる魘夢と死闘を繰り広げる。
監督は「鬼滅の刃 兄妹の絆」の監督の外崎春雄。
声の出演はTVアニメシリーズからのおなじみの花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞など。
音楽は「劇場版 Fate」シリーズなどの梶浦由記 、 「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」の椎名豪。
主題歌はLiSAの「炎」。
アニメーション制作はTVアニメに続きufotable。
日本映画
配給は東宝=アニプレックス
2020年作品
上映時間117分

漫画原作は未読。
テレビアニメは全部観てます。

正直、TVアニメは面白いですが、もうめちゃめちゃ面白い!というほどでもないというのが感想。
ちょっとテーマも人物の描き方も、若年者向けですよね。
まさに少年ジャンプ作品だなという印象があります。
でも、分かりやすい展開は万人受けする作りになっているので、社会現象になるのもある程度は納得はできますが、ここまでブームになるとは思ってませんでした。
さて映画はどうでしょうか。

面白いです。
かなり面白かった。
まず、絵がめっちゃ綺麗。
実写と間違うほどでした。
それに、感動して泣きそうになった。。。
原作で一番泣くというところなので、もう泣けないわけがない。
泣かなかったけど。

展開もかなり面白い。
舞台はほぼ列車の中と夢の中だけですが、映画スケールもかなり大きい。
盛り上げ方も、興奮する。
原作を映画サイズに詰め込んだ感じはなく、見事に劇場用映画としての構成と展開でした。
なかなか見事な作りでした。
久しぶりに渾身の一作を観れた感じがした。
ほぼ完璧な完成度ではないでしょうか。

各キャラクターの描き方もスキがなく格好いい。
それぞれのシーンにも意味が込められているのが伝わる。
なにより、クライマックスのスケール感。
これが凄い。
ほぼ「ドラゴンボール」。
観ている方は、そこまで鬼滅のファンでない私でも、めっちゃテンション上がった。
これは稼げる映画です。

鬼滅は、人生の進むべき在り方を描いているので、万人受けして社会現象になるんですね。
これは感情移入してしまいますな。
相変わらずの説明セリフと、皆まで言うのが気にはなりますが、これなら子供も理解できて観やすいですね。
これからの展開が楽しみです。

■興行収入予想
興行的には、現段階では上映館数364館と拡大ロードショー。
10月16日公開の拡大ロードショー作品は、今作と「みをつくし料理帖」くらい。
なので初登場1位は間違いないです。
この作品、各劇場の過去最大の上映回数で上映されます。
例えば、16日初日のTOHOシネマズ新宿では、全12スクリーンのうち11スクリーンで上映する。
午前7時からスタートして、午前7時台に9つのスクリーンで上映。
その後、一部を除き各スクリーンで数時間おきに上映され、深夜2時50分からの最終上映までに、劇場内で驚異の42回上映するスケジュールになっている。
大阪梅田のTOHOシネマズでも初日は31回上映と、各地域の劇場でも20~30回を超える上映回数を予定されている驚愕の体制でスタート。
これはハリウッド映画が入って来ずに、上映する映画が少ないということもある。
ざっと計算しても、初日の金曜日だけで70万人、12億円は超えてくる計算。
これが3日間になると公開3日で、35億円以上になりますが、もしこの計算が合っていれば、今までの映画興行収入の初週の記録を大幅に更新するこになる。
と予想しましたが、結果は3日間で46億円という記録大幅更新スタートとなりました。
問題は、第2週の客足の落ち度ですが、初週80%くらいをキープ出来ていれば、最終的に200億円は軽く超えてくるはず。
もしかして300億円に届くかもしれない。
平日でもかなりお客さんが入っています。
現時点の日本の映画興行収入の1位の「千と千尋の神隠し」の304億円を20年ぶりに更新するかもしれないです。
これは完全に社会現象になります。
入場者特典目当てで公開後できるだけ早く観にくるお客さんが多いので、それがなくなると客足も落ちるが、はたしてどこまでキープ出来るかが鍵。
とんでもない記録が生まれそうな予感ですがロケットスタートだけに終わるのか、週を重ねても動員しつづけるのか、大注目です。
内容的にもかなりいいいい出来栄え。
この出来なら息の長い興行が期待できそう。
初登場1位スタートと予想。
最終興行収入は現段階では非常に予想が難しいですが、200億円と予想。
とにかく、2週目の客入りを見たい。

星4つ(5点満点)
★★★★

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ