ここから本文です

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密 (2019)

KNIVES OUT

監督
ライアン・ジョンソン
  • みたいムービー 580
  • みたログ 1,956

3.94 / 評価:1551件

ミステリー版「東京物語」

  • hik***** さん
  • 2020年10月18日 11時22分
  • 閲覧数 276
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「東京物語」とは、映画ファンなら常識レベルの、かの名匠・小津安二郎 監督作品であり、映画史にその名を刻む一作です。
実は他でもない本作にも、それに近い愛情あふれるエッセンスが含まれているのです。詳細は本編でお確かめいただければと思います。


さて本作。
受賞こそ逃したものの、脚本がアカデミー賞の、しかもミステリー物の内容で候補に挙がったとなると、これは相当シナリオが評価されたと見受けられます。

脚本は監督も兼任しているジョンソン氏ですが、よくぞこれほど難しいシナリオを執筆されたと感服いたしました。
流れるような小気味の良い展開、
シュールなコミカルさのある痛快な台詞回し、
膨大な伏線が敷かれた二転三転する見事なミステリー、
悲劇的ながらも愛と皮肉さに富んだストーリー。

アカデミー賞の候補に挙がったのも納得せざるを得ません。本当にシナリオが面白かったです。
移民の認識・存在に対する皮肉的な要素を絡ませていたのも巧いです。
ちょっと汚すぎるアレのシーンは賛否が分かれるかもしれませんが(笑)

私が一番好きなのは、あるシーンでマルタが一同に詰め寄られるシーンですね。あの醜いながらもコミカルなドタバタ感には失笑を隠せませんでした。
序盤の事情聴取のシーンにて、コロコロと人物が変わるのも小気味が良く、これは即ち編集も良かったですね。


まだ噂の段階ですが、続編も楽しみです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • パニック
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ