2020年1月31日公開

転がるビー玉

932020年1月31日公開
転がるビー玉
3.1

/ 44

14%
25%
34%
14%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

夢を追い求める愛(吉川愛)、瑞穂(萩原みのり)、恵梨香(今泉佑唯)は、渋谷の片隅にある床の傾いた古い家で一緒に生活している。悩んでもがき、笑っては泣く日々はささやかながらも幸せだった。ある日、街の再開発により家の取り壊しが決定し、3人は部屋から立ち退きを迫られる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(8件)

切ない30.8%かわいい23.1%悲しい7.7%勇敢7.7%不気味7.7%

  • drs********

    1.0

    波のない映画

    なんとなく表現したい事は分かるが これと言って盛り上がりがない キャスト、音、脚本全てにおいてイマイチで無駄な時間だった

  • die********

    1.0

    流石にこれは古い

    夢に向かってもがく女の子3人が、ルームシェア。そしてうまくいかず壁にぶつかっている。 思い出づくりに花火しよう、とかいうあたりは寒い。使われる音楽もセンスが古い。90年あたりなら成立したかもしれない映画。キャストには罪はない。 最後も何も展開はない。要するに緩い覚悟の若者たちが傷舐め合ってます、で終わってしまっていて、正直、何も見えないまま勝手に終わった印象。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    Like a Rolling Bee

    がむしゃらでもなく、何となくでもなく、一瞬の楽しさはあってもアンニュイと共に小突かれつつ暮らす先の見えない三人の暮らし。この先がどうなってしまうのか不安も醸す。

  • 川ちゃん

    4.0

    今何かと話題の今泉佑唯

    今泉佑唯の歌は素晴らしい聞き入ってしまった。

  • hid********

    3.0

    ステキな歌を聞く映画

    渋谷の小洒落たワンルームをシェアしている女の子3人の物語。 一見リアリティのない場面や風景が続いていく中、1番リアリティがあったのは、それぞれが思い悩んで壁にブチ当たっているところ。 ストーリーらしいストーリーはなく、淡々と日常の一部を見せられているような気がしました。 劇中の今泉佑唯さんの歌は、とても素敵でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
転がるビー玉

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル