2020年11月7日公開

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

羅小黒戦記/THE LEGEND OF HEI

1052020年11月7日公開
羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来
4.0

/ 674

48%
27%
13%
4%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

人間たちにより自然が破壊され、妖精たちは居場所を失ってしまう。森に住んでいた黒猫の妖精シャオヘイは同じ妖精のフーシーに助けられて島へ移るが、島にやって来た執行人の人間・ムゲンに捕まってしまう。フーシーたちがシャオヘイを奪還しようと作戦を敢行する中、シャオヘイはムゲンと共に人間と妖精たちが共生する会館へ向かっていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(149件)

かわいい13.9%ファンタジー12.6%楽しい10.5%かっこいい9.8%笑える8.3%

  • gyu********

    4.0

    妖怪ものに惹かれて

    観たら妖精?の翻訳になっててえ!?解釈が違うやんと思った。が、まぁそんな事はどうでもいい。 ジブリっぽいので親近感があった。 環境破壊をテーマに出来るくらい中国が発展したんだなぁと感慨深くなれる作品。 キャラクターや、背景、小物までデザインが自分の好みで良かった。

  • Zincite

    5.0

    中国共産党?プロパガンダ?何言ってんの笑

    劇場で見て素晴らしい映画でした。 字幕版が公開された時に口コミが大変良くて気になっていたのですが、作画も申し分なく、アクションも、ストーリーも良く出来てる。ラストシーンはボロ泣きしました。円盤を買って定期的に見ています。 原作は中国のWEB連載漫画だそうですね。いつか日本語で読みたいなあ。 レビューを見たら中国のプロパガンダだの洗脳だの奇妙な荒らしばかりで悲しいです。純粋に作品を見てほしい。陰謀論ごっこは小学生で卒業してくれませんか?他国に個人的好悪を持つのは勝手ですが、エンタテイメントに持ち込まないで頂きたい。

  • ひーろーかむおん

    1.0

    人間を戒める話じゃなかったな

    …コロナ禍以来、劇場へ足を運ぶのが億劫になり、専らWOWOWで映画を愉しんでいる古希過ぎのジジイだ。  未だ会社勤めをしているが、仕事の合間を縫って書いているので、ザックリと記す。  あらすじはWOWOWの解説の次のとおりと書くような内容はないが、取り敢えずは書いておこう。  『人間による開発ですみかの森を追われた黒猫の妖精シャオヘイは、町で人間たちに襲われているところを同じ妖精のフーシーに助けられた。  フーシーは、彼の仲間が待つ島へとシャオヘイを招くが、そこに人間でありながら妖精と同等、あるいはそれ以上の力を持つ“執行人”ムゲンが現われる。  ムゲンはフーシーたちの不穏な動きを察知してやって来たのだ。  戦いの中でムゲンに捕まったシャオヘイは、彼と旅をすることになるのだが……。』  中国のファンタジーアニメらしいが、4.0点の高評価に釣られて観てみる。  画的にもストーリー的にもジブリの影響を受けていることは歴然だ。  で、大まかな内容としては、妖精vs人間のバトルの構図をとり、メインキャラクターのシャオヘイが特殊能力を持っているので、彼を巡っての分捕り合戦だ。  フツウ、こうした話では、自然破壊している人間を戒めるために、シャオヘイを通じて妖精側に善の立ち位置を敷くものだが、人間・ムゲンが全面的にしゃしゃり出てきて、遂には、シャオヘイを懐柔してジ・エンドだ。  ストーリー展開に大いに疑念を覚えたのだが、改めて考えるまでもなく、これって、大国が小国を呑み込むプロパガンダそのものだな。  ジブリ風の愛らしいキャラクターと天衣無縫のヒーローを操って、女子供を取り込もうとする悪巧みだ。  WOWOWの海外ドラマ部門にも中国の浸蝕が著しい。  『初恋のきた道(1999)』以来の贔屓のチャン・ツィイーをヒロインにしての殴り込みをかけてきたが、逸る気持ちを堪えてスルーし続ける。  話が横道に逸れてしまったが、アニメ技術としては観られるレベルに達していると思われるので、精々が1.4点といったところかな。  (メモ パスワードを忘れてトラブってしまったので、新たに開設した。  旧(fg9)レビュー数:4100件、新レビュー数147件目)

  • yos********

    4.0

    とても良いです

    キャラクターがかわいいし ストーリーがしっかりしていて 自然と人間の共存というテーマがありながら 説教くさくない。 ファンタジーであり、SFであり、アクションであり。 最初から引き込まれて、最後まで見飽きることなく 大人でも子どもでも楽しめる作品でした。 自然を破壊していったのは人間だけれど 残された自然をいかに保存し 継続させていくにはどうすればいいのか。 改めて考えさせられた。 エンディングソングもとても良かった。

  • bel********

    3.0

    途中で眠たくなりました

    内容は王道。わかりやすい話とキャラ。 結界のような設定や表現方法は日本アニメそのもの。 製作した方々は日本のアニメが好きなんでしょうね。 中国アニメは発展期です。まずは模倣から。 これから独自性が出てくるのでしょう。 そう考えると評価は努力賞が妥当かと。 ディズニーの真似をしても本家には勝てません。 日本のアニメの真似をしても本家には勝てません。 中国は大いなる可能性を持っています。 想像力は無限です。 次のオリジナルなアニメに期待します。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


監督

原作

脚本

基本情報


タイトル
羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

原題
羅小黒戦記/THE LEGEND OF HEI

上映時間

製作国
中国

製作年度

公開日