2019年12月20日公開

ドアロック

DOOR LOCK

1032019年12月20日公開
ドアロック
3.2

/ 171

9%
29%
43%
14%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

銀行で働くギョンミン(コン・ヒョジン)は、都心の古いマンションに一人で住んでいる。ある日の朝、ドアの錠に粉が付着しているのを見た彼女は、不審に思いパスワードを変える。仕事を終えて帰宅したギョンミンが部屋で過ごしていると、何者かが激しくドアノブを回す。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(45件)

恐怖27.6%不気味22.8%パニック15.7%絶望的14.2%勇敢7.9%

  • xdz********

    3.0

    勘のいい人ならすぐに犯人分かっちゃうかも。

    題名「ドアロック」...この時点である程度ストーリーの予測はでき、その通りに展開した。 割と現実的にもある話で、特に女性の一人暮らしの方は、この映画は防犯の面で参考になることもあるのでは? 途中、主人公が突っ走ってしまい「何故そこで警察に連絡しない?」って場面あるが、一般の人ってなかなか事が起きても意外と警察に連絡しないもんだよね。 あまり期待していない映画でしたが、韓国映画らしく視聴者を飽きさせないような展開で最後まで視聴できました。

  • yap********

    3.0

    そこそこ楽しめる

    ある程度先の展開は読めるが楽しめる作品。 しかし同時に二人のストーカーに追われるなんて相当魅力的だったのだろう。そして韓国の経済格差の大きさも垣間見れる

  • gahdfn

    1.0

    猟奇的な韓国映画

    韓国映画の猟奇的な殺人鬼は本当に恐ろしい…

  • unm********

    4.0

    鍵を変えるか?指紋認証か?引っ越すか?

    ヒトコワスリラー。  洋画のリメイクみたいですね。 下手なホラーより怖いです。 二度見て更に怖く、意味がわかると怖い話みたいな逸話がたくさんあります。 ネタバレしない程度にレビューします。 ※無知識でみたい方は以下は見ないように願います。 ストーリーはシンプル、マンションに住む女性が電子式のドアロックの暗証番号ボタンに白い粉がついてる事に気づく。→怖くなって番号を変える→いつも朝、頭痛と共に目が覚める。→周りにストーカーっぽい男性が現れる、部屋に侵入したのでは?→前々から誰が部屋に?と警察に(何度も)相談→その男性は犯人じゃない?ときかされ、じゃあ犯人は「今、どこに?」 という話です。 警察も当てならず友人と真相を確かめていくミステリー要素有り。 展開の中で他の犯行や犯人像をミスリードさせるサスペンス要素有り。 犯人から追われるスリラー要素有り。 そして、犯人がわかった時のとんでもない恐怖シーンを描いたホラー要素有り。 とスリラー映画の中に割と詰め込んだ良作と評価できると思います。 後、少し気になったのが、、 リアリティの追求をすれば、事態や心的事情も察さず警察が主人公を同じ部屋に帰してしまうシーンや、設定上もう少し警察が捜査すれば犯人はすぐわかってしまう話なのでは、と思いました。 他にも少し犯人の行動に疑問を持つシーンがいくつか。 女性が観たら特に怖い。という評判なのか謳い文句なのかわかりませんが男女関係なく怖いですよ。 現実、何があるかわからないご時世なので。

  • kay********

    2.0

    猟奇作品

    全体的に暗く恐ろしく気持ち悪い。 題名が作品とあってない。韓国映画は猟奇殺人やノコギリで死体を切断するシーンなどグロシーンがとても多い。 同僚の女性がとても明るく勇敢で救われる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドアロック

原題
DOOR LOCK

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日