ここから本文です

アントラム 史上最も呪われた映画 (2018)

ANTRUM: THE DEADLIEST FILM EVER MADE

監督
マイケル・ライシーニ
デヴィッド・アミト
  • みたいムービー 40
  • みたログ 63

2.38 / 評価:50件

呪われた映画の真相に迫るドキュメンタリー

  • bat***** さん
  • 2020年9月8日 22時26分
  • 閲覧数 538
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

飼犬を亡くした姉弟は、死んだ魂に出会える儀式を執り行うために山でキャンプを張る。地獄へ通じる穴を掘り進めていく二人だが、近隣の村には悪魔を連想させるオブジェを崇拝する男二人組が住んでいた。
村には、二人が食人を行った形跡が残っていて・・・という話。

初公開以降、上映の度に多数の死傷者を出していた呪われた「アントラム」の紛失していたフィルムを数十年ぶりに入手したので、みんなで観よう!という体のフェイクドキュメンタリー作品。

いわゆる呪いのビデオを、怖ごわ観るというシチュエーションを楽しむためだけの映画。
最初の10分で、アントラムの成り立ちと過去に起きたトラブルの数々を紹介して、「観て何か起こっても責任は持ちません!」みたいな警告を流してから、本編スタート。
しかし、この本編が大して面白くもないのに長い。不穏な空気感と時折サブリミナル的に挿入されるヘンな記号や悪魔の映像などは、インパクトあるものの長時間観るとキツイ。
いきなり日本語を話す登場人物が出てくるシーンは、ちょっと面白かった。

「The End」と画面に表示されたあとに続く不気味な映像が、本作の真骨頂であろう。
本編終了後に、呪われた映画の検証がはじまるのだが、オリジナルのフィルムに何者が様々な細工を施されていることが判明。
観た者は、身心に変調をきたすと煽りまくっていた。本当かなぁ。

呪われた10分動画でこの内容なら、まだ許せた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ