レビュー一覧に戻る
ドミノ 復讐の咆哮
2020年2月14日公開

ドミノ 復讐の咆哮

DOMINO

PG12892020年2月14日公開

つとみ

2.0

デ・パルマ好きなら楽しめるだろうけど

ブライアン・デ・パルマ監督が好きな人はその演出でそれなりに楽しめると思う。 私もデ・パルマ監督は好きなので楽しめたのだが、明らかに尺を詰めるために飛ばしたであろう事柄があり、流れるようなストーリー展開とは程遠く、評価してはいけない気がした。 よくあるこの手の作品の場合、一部の行き過ぎた行動をのぞけば、元特殊部隊の男が主人公になるところをそうしなかったのはちょっと斬新でいい。 第三者的な立場の特に目立った力もバックボーンもない警官が主人公で、彼のミスが相棒の危機に繋がるわけだが、掘り下げ不足のためにこの物語を牽引するほどの力は感じなかった。 結果、主人公は元特殊部隊の男でよかったのではないか?と考えてしまう。もちろんそれだとありきたりなものになるのだが、なんだかよくわからないよりはいい。 主人公のすげ替えだけでなく、相棒の秘密、CIA、テロと、色々なことが複雑に絡み合うのだが、やはり尺を詰めすぎた弊害でどれもこれも取って付けたような軽さで味わいがない。 デ・パルマ監督のスリリングさしか結果的に見所がないのだから、込み入った物語は分けがわからなくなるだけで必要なかった。 尺を詰めることが悪いとは思わないが、著しく価値が失われるのであればしてはいけない。 そういったことを伝えたい気持ちで星を2つにしようと思う。

閲覧数299