2021年7月8日公開

ブラック・ウィドウ

BLACK WIDOW

1332021年7月8日公開
ブラック・ウィドウ
3.9

/ 1,535

29%
42%
20%
5%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(229件)


  • waka

    3.0

    至って普通

    2022/07/17(日)Disney+にて鑑賞。 Disney+とも今日でお別れなので見てなかった作品を見てます。 この作品はファミリームービーでマーベル映画としては普通過ぎます。 家族愛も普通ながらアクションも普通です。 ただ暇つぶしにはなりました。

  • art********

    3.0

    Amazonプライム レンタル

    2022.04.24@Amazonプライム

  • mus********

    1.0

    ネタバレこの監督は多分ヒーロー映画が好きじゃない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nin********

    3.0

    またポリコレかぁ。眠いなぁ。

    私は目が超えました。 20年前なら楽しんで観ただろう。 そう実感させてくれる作品。 アベンジャーズは一作目から欠かさず観ていますが、キャプテンマーベルに継いで眠い作品でした。アクションもSFXも見応えバッチリなんですけどねぇ。 セクシー路線を抑えて家族愛をテーマにするなんて憎い作りです。しかし、もう目が超えてしまって、ちょっとやそっとじゃ面白いと思わんのですよ。映画で金出して観る分にはそれなりに楽しめるのかもしれんけど、内容がなぁ。 ヒーロー=強さのカタルシス。この図式が見事にありません。女主人公だから仕方ないのかもしれないけど、ぬるい。味の薄いラーメン食べてるみたい。 アイアンマンみたいに爽快に勝つ。テロ組織を徹底的に壊滅させる。みたいなのが無い。強い女性が活躍してるだけ。 キャプテンマーベルの時にも強く感じたのだけれど、強い女性を見せることばかり考えた作りになってる。しかもポリコレを意識してセクシー路線皆無。今回の台本は男主人公でも成立する話になってるよ。そんな話を面白いと思うのか? あーーもう眠いです。 女性だって男並みに強い! そう思わせたいんだろうな。うんざりだ。 それで面白かったら良いけど、全く面白くない。ぬっるい作り。 もうポリコレとか勘弁して欲しい。 女性は男にできないことがあるから優れてるのにさ。ユニセックスみたいな主人公作ってどうすんだよ。もううんざりだよこんな風潮。女性の色気を尊重してくれ! 毛嫌いすんな。 ブラックウィドウのセクシー路線復活してくれ!

  • joz********

    2.0

    出演料に惹かれるのは分かるけど

    またもやマーベルコミックであります。 もうウンザリといいながら、見てしまいました。 だって、ディズニーチャンネルに入っているんだもん。 それに、スカーレット・ヨハンセンが好き。 【真珠の首飾りの少女】に出演したときの彼女は、19歳。 正しくフェルメールの中の少女そのものでした。 今じゃ、37歳の若さでありながら、貫禄十分であります。 言っちゃナンだが、こんなくだらない映画に出演するなんて、才能の無駄遣い。 本人は面白がってやっているだろうけどね。 マーベル映画は極悪人と正義の味方が戦っていればいい。 しかし、これだけ粗製濫造すると、ネタに困ってくる。 仕舞いには正義の味方同士が仲違いして喧嘩したりしているらしい。 友情を入れたり、夫婦愛を入れたり、恋愛を入れたりして目先を変えている。 今回は家族愛だ。 正義の味方の映画に家族愛だぜ。 途中で寝てしまったが、最後の空中要塞でのシーンは見たから、見返すつもりはありません。 母親役でレイチェル・ワイズが出ていました。 51歳ですが、あいかわらず美しい。(ダニエル・クレイグの奥さんなのね。) 彼女も、こんな下らない映画に出てもったいない。 オルガ・キュリレンコも実に勿体無い使われ方をしています。(ーー゛) 出演料に惹かれるのは分かるけどね。

  • 宮崎是彰

    3.0

    特にご都合がすぎるアクション

    まあ、この手の映画あるあるなのですが、アクションについてご都合の固まりみたいな作品でした。 他作品に比べ、えぐい位、たまたま悪役がうかつで間抜けで銃弾は全く当たらず、ボスはベラベラしゃべるし、間抜けだし、手元にパラシュートが現れるし、と上げればきりがありません。 バラバラな家族の再集結、再構築といったストーリーそのものや切れ切れのアクションは絶品なのですが、演出面での底の浅さ、説得力の無さが気になりました。アクション映画なのでやはりアクションの説得力がもう少し欲しかったです。

  • 映画好き

    3.0

    思ってたより良かった

    いまさらブラックウィドウの単独映画かよって思ってましたが、けっこうおもしろかったです。今までのMCU作品でかなりの頻度で出てきているブラックウィドウですが、彼女のバックストーリーについてはエイジオブウルトロンで少しフラッシュバック的な見せ方で見せられただけで意外と深堀りはされていなく謎が多いキャラクターでした。今作はそのバックストーリーがよく描けていて良かったです。 ストーリーは最近のMCU作品よりはかなり重く悲しいトーンでしたが、ブラックウィドウという謎が多いキャラクターと人間の傲慢さがにじみ出ているような世界観とマッチしていて新鮮ながらもちゃんと入り込めた感じで、アクションもスタイリッシュでかっこよかったです。 映像も全体的に良かったですが、ところどころグリーンスクリーンで撮影したんだなってことがまるわかりになってしまうところがあってそこが少し微妙なところでした。 そしてこの映画のテーマでもある”家族”については予告とかで見た時はなんだかありがちで臭い設定だなと思っていましたが、思いのほか良かったです。あまりこの話題について話すとネタバレになるので詳しいことは言えませんが、かなり複雑でそれぞれがいろんな思いを抱いていてもどこか繋がりあっている感じがして個人的には良かったです。 あとこの映画では女性を殺したり痛めつけるような描写が多々あります。苦手な人は見ない方がいいかと思います。 思いのほかいい作品で自分はたのしめました。MCUのファンはもちろん色んな人も楽しめる映画なのではないかと思います。

  • rhd********

    4.0

    ネタバレまあピューよね

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • san********

    3.0

    ライト層の振り落とし始動。

    今や世界トップクラスのビッグコンテンツに君臨したMCU。 僕も全作品追ってきた1人です。 その勢いはエンドゲームからも落ちることなくスピンオフドラマを含め公開予定作品の数には驚かされます。 さて今作は色々と不運な作品となりました。 コロナによる公開延期からの大手シネコンとの問題とサブスク配信。 主演スカヨハとディズニーとの裁判。 何とか丸く収まった様だがスカヨハファンにとっては今後の展開が不安な所。 内容は正直普通。 これと言った見せ所も無かったのだが過去に色々と語られて来たナターシャの過去が明らかになった事はよかった。 アクションもナターシャが人間である以上他の作品の様には行かないのだがそれなりに良かった。 肝心なストーリーは初見にも分かりやすかったと思うが、何せナターシャの『今の立場』が他作を観ていないとキツい。 これはもうファンでは無い方追って来ていない方は割り切ってみるしかない。 それに絡めると 今ディズニーMCUは本軸の映画とは別にDisney +でスピンオフドラマシリーズを連発中です。 月額で加入している僕から言わせると、面白い!面白いんだが、、、本筋の映画に影響を与えるレベルの話が続出しすぎです。 そして本作ブラックウィドウも現在配信中のドラマ『ホークアイ』や『ファルコン&ウィンターソルジャー』に絡めてきてます。 個人的にドラマシリーズはファンの僕からすれば嬉しいものです。 しかしそうでは無い人は? 有料のDisney +に加入させるのか? そこまでしたく無い人は本筋の作品を100%楽しめないのでは? そこら辺の考え方が正直好きではありません。 ファンも大事ですが、映画を支えてるのはライト層だと思います。 ファンからすれば嬉しい広がりだが、新規を掴むのは困難なスタイルになって来た様な気がします。 ゆくゆくファンも離れ、、となるとMCUの存続にも関わるのでどうにかバランスを考えて運営してほしい。 そう思います。

  • cil********

    2.0

    深みはまるでない

    15分で飽きる

  • ice********

    1.0

    最高につまらなかった

    なんだかチープなファミリーコメディーだった。 マジでつまんね

  • net********

    2.0

    ネタバレ生身ゆえ普通

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • shi********

    2.0

    ネタバレよくある話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yam********

    2.0

    緩い展開

    次から次へと見せ場が連続するけど、盛り上がりに欠けるのは 脚本が悪いから。コメディーにしたかったのか? 擬似フアミリー映画にしたかったのか?中途半端な印象。 基本はボンド映画の様な暗殺とテロのスパイ映画の体裁なのだが、 前記の様な必要を感じられ無い要素が絡んで来て居るので、 展開に緊張感が感じ無い。 アクションも壮大な仕掛けをして居るのに、一向に盛り上がら無いのは、 アクションの前段にサスペンスを組み込んで演出して居無いからだ。 例えば装甲車が突っ込んで来て居るのに、最後まで追い込ま無いので、 主人公たちが難無く逃れてしまう。逃げるまで装甲車が待って居る様な編集は、白けるだけだ。何か馴れ合いを見せられて居るような気分で有る。 折角、スピンオフを作るのなら、モット時間を割いて脚本を練るべきだろう。 粗製濫造の謗りを免れ無い。

  • par********

    3.0

    私には2つの家族がある

    アベンジャーズの中で数少ない生身で戦うヒーロー……冒頭から過去の話が暗過ぎなんですが……ヤバイ組織に凄腕の暗殺者として訓練された経緯が明らかにΣ(´∀`;)物語はシビル・ウォー~インフィニティ・ウォーの間の出来事なのね!アベンジャーズのヒーローたちの技を完コピした謎の仮面野郎……デザインがマジでダサいぞヽ(`Д´)ノでも、コピー戦闘スタイルは俺的にグッドです( ´∀`)bでも、一番ダサいのはロシアが生んだロシア版のキャプテン・アメリカンことアレクセイ……強いのか弱いのか良く分からんぞお前(‘д‘⊂彡☆))Д´)パン 偽装家族だったとしても、その家族の絆は本物……でも、どいつもこいつもクセが強すぎる件(苦笑)終盤のナターシャの髪型がインフィニティ・ウォー版になってるのは何か懐かしいわ……その後、彼女がどうなったかはインフィニとエンドゲームを観てくだい(TωT)コロナ禍の影響で映画館公開&ネット配信になったのは良いけど、契約違反でナターシャ役のスカーレットさんによる裁判が起こり、もう二度とナターシャはやらん!と言ったけど……まさかスピンオフとか回想で出るつもりだったのかなΣ(゚д゚lll)?でもナターシャはエンドゲームで……。

  • kis********

    3.0

    ネタバレスパイ映画としては食い足りない…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ

    幼くしてロシアのエージェントとなったナターシャ・ロマノフは、妹分にあたるエレーナ・ベロワ、スーパーソルジャーで父親役のアレクセイ・ショスタコフ/レッド・ガーディアン、そして母親役のメリーナ・ヴォストコフ/ブラック・ウィドウと共に、ある任務のためオハイオ州で仲の良い家族を演じてきた。 時を経てバラバラになったナターシャとエレーナは、非合法で残酷な組織を壊滅するため戦いに挑むのだ。偽装家族だが母父も絡んだ大バトルが展開する。 というアクション作品として楽しめた。ほぼ女性たちメインの戦い、敵の兵隊たちは上から下まで強化スーツなので性別は不明、もう女性のみの映画と言えるのだ。 マーベルに詳しくて親しんでいる方達にはいろんな感想意見があるようです。自分もブラックウィドウからアベンジャーズ、派生するスーパーヒーローまで調べて勉強しようと思ったが、あまりにも多くて断念しました。 劇中にロジャームーアとジョーズがテレビに映る場面があり、007にリスペクトしてるのかなと。自分もアベンジャーズらしい終盤のバトルを除いて、007のようだなと感じて楽しんでいました。 アベンジャーズでは数少ない人間体地球人なので(神様だとか超能力者だとかがほとんどなので)貴重なスピンオフ対象である。 偽装家族のシーンから、工作員養成施設、工作員時代の苦悩、妹との再会、間に挟んで特殊バトルスーツの敵との戦い、そして偽装家族たちの再集合。というドラマの流れはとても良かったと思う。 終盤のSFバトルでは駆け引きの多い作戦のハラハラ感、あっと驚く入れ替わり、空中基地が瞬く間に崩壊するという脆すぎるのが気になるが、そこから落下する姉妹とバトルスーツ戦士の降下バトルは、スピードと迫力が抜群でクライマックスに見事に華を添えた。 アベンジャーズエンドゲームで入り乱れたバトル、CGの中に溶け込みすぎに見える演出を観て、もうアベンジャーズマーベルはいいかなと思っていたが、今回ぐらいのリアル感とSF感ならとても見やすい。 ちょいと主人公は人間なのに丈夫すぎる身体だけどね。

  • spo********

    2.0

    MCUファンです。残念作サイド入りでした。

    今までのMCU全部観てきました。 スカヨハ好きなんで、期待してたんですが、 普通にハズレ映画でしたね。 MCU側も作り慣れているんで、 『マイティソー』1作目ほどではなかったですが、 もう結構今まで見てきた中でも全然下の方です。 まあ役者さんたちのせいではなくて、 完全に造りの問題だと思いますね。 まず、テンポが悪い。 導入部分から既に面白くない。 アクションも凡庸。 動き完コピのヤツ、今までの味方や敵の再現をもっと多く、わかりやすく露骨に入れた方が良かったんじゃないか?中途半端。 スカヨハもたくさんアクションしてるけど、印象に残るアクションが無い。 そのため、見せ場が全然足りない印象。 『キャプテンアメリカ/ウィンターソルジャー』のようなタイトで無駄のない肉弾戦や隠密・暗殺者ならではの個性を期待したが、全然満足できなかった。 やっぱりルッソ兄弟は別格なんだな…雲泥の差だった。 (彼らはアクションの一挙手一投足に生き様を込めるって言ってたからな。) 脚本スベり気味で冗長。ジョークが面白くない。 MCUでこんなにダイアログがダレたの本当久しぶりかも。 あと、大筋のプロット: マーベルのプロットなんて概ねこんなもんだが、たぶんテンポが悪いから茶番感を強く感じる。 終盤のスカヨハのセリフはちょっと良かったかな。 でも本当そこだけと言っても過言ではないくらい。 なんか言うなれば『痒いところに手が届かない』映画だった。 せっかくのスカヨハソロ作だったんだから、もっとこだわってマニアックに作ってほしかったかも。 突出してるところがなかった。

  • a10********

    4.0

    映画館で観ました。

    大好きな女優さんで 大好きなマーベル作品 面白い! 寄せ集め家族の団結力 ミッドサマーの女の子が妹役で アクションできるんだ! 注目の女優さんですね スカーレットは相変わらず素敵 また観たい作品です。

  • one********

    1.0

    配慮してますアピールを延々と見させられる

    力強い女性を描いてますよアピール。 アジア人や黒人も登場させてますよアピール。 その場面に出演している人の肌の色が全員異なることで逆に感じる違和感。 毎回黒人やアジア人を目立つところに配置することで、いちいち感じるアピール。 戦闘シーンに女性しかいない事で感じる違和感。 アイアンマン3やエンドゲームで感じた違和感をこの作品にはより強く感じる。 もっと言うと、他作品だがロキとかスーパーマンにも、「実は同性愛者です!」とか「バイですよ!」とかの設定を後からつける昨今の風潮。 実はハーマイオニーは黒人です!もそんな感じ。 初期構想で絶対思ってなかったことを平気で行う厚かましさ。 僕に差別的意図はなくて誤解を受けないで欲しい。 この映画は配慮してますアピールを延々と見させられる映画だと率直に思った。 マイノリティは少数だからマイノリティじゃないの? ナターシャはアベンジャーズの紅一点だから格好いいんじゃないの? (他の女キャラは人間を超越しているから除外するとして) 女性同士で殴りあう映画を見て楽しいの? ワンダーウーマンは上手い事バランスが取れていたけど、なんだかこの作品は違和感が残る。今後も一つ一つの場面に全人種を出演させて、あらゆるマイノリティを出演させて、女性を強く描く必要があるなら、違和感だらけの映画になる。

1 ページ/12 ページ中