2020年2月7日公開

グッドライアー 偽りのゲーム

THE GOOD LIAR

1092020年2月7日公開
グッドライアー 偽りのゲーム
3.6

/ 346

13%
43%
36%
7%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(71件)


  • bej********

    4.0

    楽しめた!!

    この二人が出るのだもの面白くないはずないと!期待も大!!ストーリーの展開はある程度読めたけど、面白かったし、ラストがまたもう一度楽しませてくれる!それにしてもサーイアン、ヘレンミレン!最高!!日本だとどんな俳優さんになるのかな?! 何の情報も知らず見たので大正解!!予告、レビュー見ないでみると映画を楽しめます!! 失敗もあるけどね!!

  • Cakewalk

    3.0

    あれ電卓じゃないの?笑

    展開はわりかし早い段階からよめてしまったけれど、それなりに楽しめた。 電卓みたいな送出金デバイスが印象に残る。 送金とか入金ってiPadみたいなのでやったるイメージあるけど。

  • かな

    4.0

    面白かった

    この手の映画は割りとよく見る方なので途中からオチは読めたのですが、二人の繋がりは予想外でした。 種明かしされてみると伏線も上手く張り巡らされておりとても 良く出来ていると思いました。 似たような映画で「鑑定士と顔のない依頼人」がありますがあれとは違ってこちらは因果応報、悲壮感こそありますがモヤモヤした気持ちも残らないので良かったです。

  • sis********

    4.0

    惜しい

    作品を観ずとも誰もがイアン・マッケランvsヘレン・ミレンの構図は わかりきっているのでそれをいかに見せてくれるかが重要 イアン・マッケランの老いぼれた詐欺師ではなく老いを知らない凶悪な男 特に邪魔者を排除する際の演出は素晴らしくまた「ダビンチコード」と イメージを被せてより効果が高まったと思う しかしヘレン・ミレン側は演技から伝わるもののラストが荒っぽく 無用なエピローグがしつこい辺りは日本映画的で作品を壊してしまった もっと途中でネタばらし(物や記憶)を挟んだ方が観客が推理でき 緊張感が高まる面白い作品に仕上がったのではないか かなり豊富なエピソードがあるにもかかわらず最後にまとめて語られるのは 長すぎて退屈だし効果が薄いというか荒っぽいというか下手な創り方だった 誰もが観たいと期待するキャスティングなのでもう少し面白いものにできた と思う惜しい作品

  • yuk********

    2.0

    ネタバレ途中までは引き込まれたが…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Ana

    4.0

    ネタバレ爽快なエンディング

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • iqi********

    4.0

    ネタバレ因果応報だけどせつない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tos********

    3.0

    「深く想う」

    詐欺師ロイは、資産家の未亡人ベティに近づく。老獪な手練れで彼女の全財産を奪う計画を、着々と進めていく。しかし、彼女の計画も進められていた。  タイミング悪く、この手の作品のネタバレ記事を最近読んでしまっていた後での鑑賞でした。知らないで観たらもう少し楽しめたはず。

  • 一人旅

    5.0

    ヘレン・ミレンの艶に見入る

    ビル・コンドン監督作。 ニコラス・サールによる2016年発表の小説「老いたる詐欺師」の映画化で、ヘレン・ミレン&イアン・マッケランの英国名優が富豪の未亡人と詐欺師を妙演しています。 狡猾な老詐欺師:ロイは、夫を亡くしたばかりの元大学教授の未亡人:ベティに目を付け、彼女に惹かれているふりをして彼女の莫大な資産を騙し取ろうとするが、やがて想定外の事態がロイを待ち受けていて―という心理サスペンスで、ベテラン詐欺師と彼に狙われた未亡人の心理的駆け引きと予想を裏切る真実が二次大戦時代の両者の回想を交えサスペンスフルに映し出されます。 嘘と真実が錯綜する二転三転のストーリー展開にエンディングまで予断を許さない見応え満点の心理サスペンスとなっていて、劇中張り巡らされた伏線の提示と回収も鮮やかであります。 主演のヘレン・ミレン(74歳)とイアン・マッケラン(80歳)の英国が誇る名優コンビがベテランならではの貫禄で対等の演技合戦を披露していますし、ヘレン・ミレンは並の若手女優には絶対に出せない艶のある存在感を放っています。

  • ang********

    4.0

    ネタバレいやあ、圧巻のガンダルフ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gambier

    2.0

    ネタバレ見終わって、なんじゃこりゃ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fg9********

    3.0

    「サー」と「デイム」の演技合戦は絶妙

    …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。  『ベテラン詐欺師のロイ(イアン・マッケラン)は、出会い系サイトで夫が他界して間もない資産家のベティ(ヘレン・ミレン)をターゲットに定める。  ロイが全ての財産をだまし取ろうとひそかに準備を進める一方で、世間知らずのベティは彼に心を許していく。』  で、2人の間に老いらくの恋が芽生えるのか?  はたまた、騙されるふりをして、ベティがロイにしっぺ返しを喰らわせるのか?  と興味深々で観続けると、話は半世紀以上も前の第2次世界大戦時代に遡り、レイプ事件やら成り済ましが絡んできて復讐劇の様相を呈して来るが、時代の隔たりが大き過ぎて茫漠とした感は否めなかったかな。  でも、サーの称号を持つイアン・マッケランと、デイムの称号を持つヘレン・ミレンの演技合戦(取っ組み合いもある)は絶妙で、2人の一挙手一投足、佇まいを観ているだけで感嘆のため息が出る、非常に見応えありの3.4点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:3936件、2021年度42作品目)

  • MOON

    3.0

    役者がいいので出来上がりは素晴らしい

    でもミステリー好きならちょこちょこ出てくる伏線が、どういうところに繋がるか、安易に想像がついてしまう。 役者がいいので入り込めるから、ある程度楽しいひとときは送れる。

  • npg********

    3.0

    ネフリで無料鑑賞~

    暇だったので見ました サスペンスーっていうか血は見ないのでいいです笑 なんとなーく途中から展開が分かっていくので、評価はそこまで高くないです。

  • マリマリ

    3.0

    俳優が凄い

    主演の二人がそれぞれ、まるで二役ってくらい演じ分けてて、そこが見どころ。 それ以外は、ポスターを見て誰もが予想したままのストーリー。

  • ちゃやぴ

    3.0

    21/1/30

    ルーチェ ぴぃちゃ

  • ken********

    4.0

    軽いノリの映画ではなかった

    題名にgoodがついているので少しコミカルもあり軽いノリの映画かなと思いつつ見ていますと、詐欺師が殺人までするくらいの悪で、その人に老婦人が騙されていって、この先どうなるのだろうと、見ている者を引き込んでいきます。話の終わりはだんだんと重たい話になっていき、意外な結末へと導きます。 エンディング曲も、加古隆さんのパリは燃えているかを思わせるような重たいエンディング曲でした。見て損のない映画ですね、あまり情報を入れずに見て下さい。(グッドライアーとは、うそつき上手ぐらいの意味でしょうか)

  • k2b********

    5.0

    老いたる詐欺師

    詐欺師の映画は興味有ります、この作品も最後まで集中し楽しめました。 主役のロイ役イアン・マッケラン高齢ながら老いを感じず、趣味も悪くありません、詐欺師で有る事を除くと・・ ベティ役 ヘレン・ミレンがまた上品で、良いおばあちゃん風で最高。 この二人が騙し合う事は百も承知で見ているのに、脚本と監督は簡単に進ませません、この辺り上手く見る人の感情引き回す事に慣れてい様で、こちらも百も承知、この感覚何とも言えず面白味感じます。 要するに主役二人のほかに、監督・脚本と視聴者の騙し合いも同時進行します。 後で考えると、最後の最後まで、意外に深いセリフも多い事に気が付きます。 翻訳も良く出来ていました。 簡単な詐欺は出汁で、別な次元の騙し合いを堪能出来ます。

  • arl********

    3.0

    予想を上回るオチだったが

    途中からこんなオチかな、って予想してたんですが、その背景(動機)が予想を上回ってました。おかげでアリエナイ感が爆発して、もう無茶苦茶なストーリーになっちゃった。孫がちょろちょろする伏線をぶち壊してる気がするんですが... 主演二人はとても良かったです。

  • yok********

    2.0

    役者の無駄使い。

    ストーリーの根幹をなす、ロイの背景が描かれていない。なぜ、そこまで金に執着し、残酷なのか?その残酷さをもっと丁寧に描かなくては映画として及第点に及ばない。

1 ページ/4 ページ中