ここから本文です

上映中

浅田家! (2019)

監督
中野量太
  • みたいムービー 712
  • みたログ 2,191

3.95 / 評価:1811件

泣きたくなったら中野監督。

  • 文字読み さん
  • 2020年10月26日 0時14分
  • 閲覧数 897
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

2019年。中野量太監督。実在する写真家のデビュー前後の経緯をたどりながら、「家族」と「写真」について描く。何事にも本気になれない青年が、父親から譲られたカメラで、家族を撮ることをテーマにすることで、独り立ちしていく物語。

よくある家族の絆の物語にみせかけつつ、そうではないところがすばらしい。あらかじめ決められたものなどまったく信用されていない。写真が記憶を残してくれると言いつつ、そこに移っているのは常に演じられたものだ。本物の家族でありながら家族を演じている人たち。本物を用いたフィクション。この感覚がおもしろい。いろんな海の取り方も秀逸。

しかも、泣かせどころがうまく、何度かぐっとくる。「湯を沸かすほどの~」もそうだったが、21世紀の日本で映画を見て泣きたくなったら中野監督作品を見るべきだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ