ここから本文です

浅田家! (2019)

監督
中野量太
  • みたいムービー 746
  • みたログ 2,471

3.97 / 評価:2037件

分厚い演技陣に瞠目

  • fuj******** さん
  • 2020年11月7日 10時14分
  • 閲覧数 822
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

家族のコスプレ写真集で認められた実在の写真家の物語。
基本コメディの楽しい作品だが、
実は同時期公開の『ある画家の数奇な運命』と、全く同じテーマを扱っている。

人はなぜ創作するのか。

かの大作が3時間9分かけて辿り着いた深遠な結論を、
本作は笑いをまぶして30分程度でとっとと片付け、その先に広く展開する。
待っていたのは「家族と写真」をめぐる、途方にくれるような格闘の日々。

まあ、背景となる東日本大震災自体が既に巨大なドラマなので、
ちょっとズルいのだが。

被災地のリアルな再現もさることながら、瞠目すべきは演技層の分厚さである。
子役を含む脇役陣が、揃いも揃って驚くべき演技水準を示す。

可能なのか?
可能なのである。

もちろん主役の浅田家を演じる面々も負けてはいない。
『蒲田行進曲』のヤス以来のハマりっぷりをみせる無職父・平田満を筆頭に、
大黒柱の母・風吹ジュン、頭を下げさしゃ天下一の長男・妻夫木聡。

分けても主演俳優のどうしようもない童顔は、
大人になれない主人公に申し分なく適役である。皮肉でなしに。

それを認めた上で敢えて言わせてもらうと、
やっぱりジャニーズじゃなきゃダメですか?
へそ曲がりの私は、そこに引っ掛かって鑑賞まで二の足踏んでた。
いやニノ足か?

他の可能性も見てみたい。
それが偽らざる本音。

そこに目をつぶれば、全ての人に観てもらいたい。
父親の写真だけが一枚も見つからない、その理由にグッとくる。
素晴らしい作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ