ここから本文です

ケルベロス 紅の狼 (2018)

O DOUTRINADOR/THE AWAKENER

監督
グスタヴォ・ボナフェ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 17

3.25 / 評価:16件

復讐者ミゲルの物語は完成した!

  • hir******** さん
  • 2021年8月27日 8時41分
  • 閲覧数 111
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

(1)
サンパウロの特殊武装班DAEの隊員ミゲルは大物政治家の汚職事件を担当。同僚エドウと仲が良い。サンパウロ州知事サンドロ宅を汚職容疑で、家宅捜査し身柄を拘束する。公共医療費20億ドルの横流し容疑だ。
(2)
捜査の合間にも一人娘アリスとの時間を大切にするミゲルだったが、2人でスタジアムへ行く途中、歩いている時アリスは銃撃され、病院で手術もされず、アリスは亡くなる。知事の一派の報復だ。同僚エドウが慰める。
(3)
証拠不十分でサンドロ知事は釈放されてしまう。絶望し街を走るミゲル。サンドロ知事に抗議するデモに遭遇し、デモ隊と警察の衝突に巻き込まれる。たちこめる催涙ガスの中で、投げ込まれたガスマスクをミゲルが手にした瞬間、彼の中で何かが弾ける。
(4)
銃を手にし、知事公邸に侵入するミゲル。知事を殴り殺す。特殊武装班DAEが、ミゲルの知事殺害場面を調べる。だが犯人がミゲルとはわからない。
(5)
天才ハッカーのニナ・ソウザの協力を得て、サンドロ知事の仲間の汚職政治家たちの居場所をミゲルは突き止める。彼は、政治家5人を次々と殺す。かくてミゲルは「啓発者」(O Doutrinador; The Awakener;ドトリナドゥール)として国民の人気を得る。昼は特殊武装班DAEの隊員(警官)、夜は政治家を殺して回ったミゲル。
(6)
アンデロ・ゴメスが汚職政治家のボスだ。大統領(女性)を買収。自分の息子を次期大統領候補に決め、息子への支援を要請。ミゲルの次の最大の標的はアンデロ・ゴメスだ。
(7)
アンデロ・ゴメス・ジュニア、次期大統領候補をミゲルが狙撃し殺す。だが父親のアンデロ・ゴメスが大統領候補となる。ハッカーのニナ・ソウザの居場所が敵に分かり、ニナ・ソウザが捕まるが逃げる。
(8)
ミゲルは、DAEの同僚エドウに正体を知られ、逮捕される。だが取調室から脱走。ミゲルは、新たに大統領に当選したアンデロ・ゴメスのビルを襲い、ついに彼を射殺する。そして用意していた爆薬を遠隔操作で爆発させ、自ら爆死し、またビルを倒壊させる。

《感想1》復讐物語であり、復讐は達成される。そして復讐を達成した者も自ら爆死する。復讐者ミゲルの物語は完成した。彼には誰も愛する人は残っていなかった。一人娘は殺され、妻とはすでに別れている。色即是空(シキソクゼクウ)空即是色(クウソクゼシキ)!この世は消え去る定めであり、空虚な幻がこの世として出現している。
《感想2》アンデロ・ゴメス所有のビルの爆破は、ゴメスの協力者の多くを殺したが、ゴメスと無関係の多くの者も殺した。ビルを爆破するより、ミゲル一人が自殺した方が、生み出す不幸の量(不幸になる人々の数)が少なかったろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ