レビュー一覧に戻る
ブラックシープ
2020年1月24日公開

ブラックシープ

BLACK SHEEP

872020年1月24日公開

bakeneko

5.0

ネタバレひつじのショーンと2本立上映しないかな?

2006年に作られて以来、パロデイホラー愛好家の間では有名だった作品の14年経って漸くの日本公開であります(私が鑑賞した回は満席でした)。 ニュージーランドの牧場地帯。研究所が処分しようとしていた遺伝子操作でゾンビ化した羊を環境保護活動家が告発証拠として簒奪するが、自身も噛まれた上に謝って逃がしてしまう。ゾンビ羊は次々と感染を広げ、増えたゾンビ羊は相手かまわず食いつき始める。ちょうどその頃、幼い頃のトラウマから羊恐怖症になっていた牧場の権利を持つ主人公が、遺伝子操作で羊を改良している兄に土地を売り渡す為に久々に帰省していた…というお話で、予想通り主人公が凶暴化した羊の群れに襲われます♡ 2004年に「ショーン・オブ・ザ・デッド」が作られて、ゾンビ映画のパロディが出始めたころの作品で、 無力な生き物が凶暴化して…というパターンでは、「鳥」、「モンティパイソン ホーリーグレイル」の人食いうさぎ、「ザ・チャイルド」、「吸血の群れ」(カエル)、「スクワーム」(ミミズ)を踏襲していて、 後の“大人しい動物のゾンビ化”映画ー「ゾンビーバー」、「ZOOMBIE ズーンビ」といった映画の嚆矢となった映画でもあります。 羊恐怖症の主人公に加えて、自信過剰の兄、のんきな幼馴染、ぼんくら環境活動家の男、風水やチャクラなどが大好きな環境活動家の女性…らのキャラも良く立っていますし、ニュージーランド牧場地帯のなだらかな丘陵や絶壁の海などの自然も見所の作品ですので、単独&大挙して押し寄せる羊の恐怖?を愉しみましょう! ねたばれ? 1、大量の羊たちを刺激しない様に小屋から立ち去るシーンは「ヒッチコックの鳥」へのオマージュです。 2、ブラックシープ:Black sheepは厄介者、はぐれ者の意味があります。 3、元に戻れるのならばバラバラにやっつけちゃダメだよね。

閲覧数873