レビュー一覧に戻る
朝が来る
2020年10月23日公開

朝が来る

1392020年10月23日公開

まい

3.0

ネタバレいいんだけど突っ込みどころも多々

原作は未読なのであくまで映画のみの感想です。 ストーリーそのものや話の構成や展開など全体的にはいい映画なんだけど、少し気になる点も。 まずダラダラ長い… あくまで個人的な感想ですが、不要なシーンやセリフの余分な間が多くない?と思えました。 途中何度かスキップさせて飛ばしました。 キャストさんたちの自然すぎる演技力は圧巻でした。 脚本がそうなのか、とにかく終始ドキュメンタリーを見てるかのような自然な会話のやりとりや内容ばかりで、それをものすごく自然に、演技とは思えないほどみなさん自然に演じていて、俳優さんたちってすごいなーとしみじみ。 さて、ツッコミもいくつか。 ・産みの親と養親が顔を合わせるなんて現実にありえるのか?ありえるとしたら絶対やめた方がいい。 ・産みの親が6年も経った頃に「子供を返して。それが無理ならお金ください」なんて突然脅迫めいた連絡してきたのに、ノコノコ家に呼んで当事者だけで話すなんてどうかしてるぜ… ベビーバトンの団体自体がすでに閉業してるにしても誰かしら連絡とれる人はいるだろうし、なんなら子供に害が及ぶことも案じて通報案件でしょ… ・主題歌になってる曲を劇中でやたらめったらキャストに歌わせたりラジオで流したりする演出は正直さむかったです… ・あれだけ世間体を気にして全てなかったことにしたがっていたひかりの親が何故か親戚にだけはペラペラ話してしまってた矛盾 ・警察が栗原家を尋ねてくるシーンは謎すぎた。新聞社からお金を借りて闇金に返済したがその後行方をくらましたことで社長が心配して(実際に、悩みがあるなら相談してくれと気にかけていたし)警察に相談したことまでは理解できるけど、それだけであんなカッチリした刑事たちが動いて探し回るのも違和感ありすぎるし、栗原家にたどり着く経緯も謎。見た感じでは警察は養子縁組のことは知らない様子だったし、じゃあなぜ栗原家がわかった?ここは本当に1番謎のシーンで無理矢理感がありすぎて、それまでノンフィクションかと思えるほど超絶リアルなドキュメンタリー風映画だったのにいっきにぶち壊された。 ・エンドロール後にまた子供に主題歌歌わせるのとセリフも正直いらなかったかな…狙いすぎ感 ツッコミどころを書き出して行くと酷評に見えてしまいますが、テーマは本当によかったと思います。 学生なりの純愛→妊娠、その先に待ち受けるもの。血縁だけではない家族のありかたなど、自身も親である身としていろいろと考えさせられるものがありました。 ラストの手紙の「なかったことにしないで」についてはひかりの隠しメッセージだとかいろんな考察があるようですが、私的には当時のひかりが、妊娠をなかったことにしようとする家族・彼氏に対する気持ちや、手放さなければいけない赤ちゃんに対しての気持ちを殴り書きした形跡だと思ってます。(一時停止してまじまじ見てみるとそのようなことがつらつらと書いてあるのがうっすら読めます) 書いて破って、そのあと(下のページ)に朝斗への手紙を書いただけでしょう。

閲覧数2,835