ここから本文です

上映中

燃えよ剣 (2020)

監督
原田眞人
  • みたいムービー 964
  • みたログ 1,970

3.55 / 評価:1587件

時代に流されず信念を貫く男

  • nob******** さん
  • 2021年10月15日 21時54分
  • 役立ち度 26
    • 総合評価
    • ★★★★★

予想した作品とは異なった生々しくリアルな作品だった。本作は、激動の幕末を駆け抜けた、主人公・土方歳三、近藤勇、沖田総司らを中心にした新選組メンバー達の生い立ち~新選組の誕生~五稜郭の戦いまでを描いた歴史群像劇である。本作で描く新選組は、硬派な武装集団としての激闘という派手な表の姿だけではない。組織内部の暗闘という醜い裏の姿も赤裸々に描くことで、新選組の生々しい実像を浮き彫りにした実録物語になっている。

岡田准一演じる土方歳三の回想という形で物語は進んでいく。彼の回想がナレーションにもなっていて、幕末という複雑な激動の時代を丁寧に分かり易く説明してくれるので、新選組が幕末に誕生し翻弄されていくプロセスが良く理解できる。但し、幕末の多くの出来事を詰め込み過ぎ、肝心の新選組へのフォーカスが弱くなってしまった。さらに、ナレーションで説明してしまうので、物語そのものが淡白になってしまった。幕末を題材にした作品によく観られる傾向に陥ってしまった感は否めない。

激動の幕末のなかで、唯一、時代に流されず、時代に媚びなかった男として本作の主人公である土方歳三が描かれる。愚直で信念を持った役を演じさせたら当代随一の岡田准一が土方歳三に成りきっている。土方歳三という役を掴み切っている。特に様式美を思わせる流麗な殺陣ではない、泥臭いリアルな殺陣で、土方歳三の愚直で信念を持った生き方を体現している。

近藤勇を始めとして時代に迎合、流され自分を見失っていく者達が多いなか、主人公だけは、最後まで時代に抗って戦っていく。自分を見失わず信念を貫いて戦っていく。

時代に迎合せず、信念を貫いて生きれば、時代から取り残される。冷遇される可能性が高い。しかし、信念を曲げて生きれば、自分を失い精神的に追い詰められていく。本作は、土方歳三の生き方を通して、自分の信念を貫いて生きることの厳しさと素晴らしさを我々に提示している。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ