レビュー一覧に戻る
燃えよ剣
2021年10月15日公開

燃えよ剣

1482021年10月15日公開

UrbanDockGoer

4.0

変革の時代を命懸けで駆け抜けた男達

これもコロナ禍前に予告編を観た作品。 1年半くらい公開が延期されたのだと思うが、確かに絶対多くの人に観てもらいたいという制作者の気持ちが理解できる力作だった。 【物語】 物語は明治維新後、箱館に居る土方歳三(岡田准一)の口から語られる形で描かれる。 時代は明治直前の数年。黒船来航を契機に、天皇中心の新政権樹立を目標とする討幕派と、天皇の力を利用しながらも幕府の権力を回復させようとする佐幕派の対立が表面化する。 その頃百姓出の土方歳三は同郷の近藤勇(鈴木亮平)と共に地元の剣法を極めた天然理心流の道場を開いて暮らしを立てていた。そこには武家出身の沖田総司(山田涼介)も居た。 あるとき、京都で帝を守る命を受けた会津藩が浪人を集めて守護隊を結成するという話を聞きつけ、土方、近藤、沖田の3人は一旗揚げようという思いで京都へ向かう。 全国から集まった浪人の中から近藤、芹沢鴨(伊藤英明)らを局長にした新選組が徳川幕府/会津藩の後ろ盾を得て結成され、長州を中心とした討幕派勢力の監視・制圧に動く。 そんな中、土方はお雪(柴咲コウ)という女性と運命の出会いを果たす。 【感想】 新選組は有名だし、映画だけでも、様々な作品に登場するが、歴史に疎い俺は全体像を知らなかった。今回初めて生まれるところから壊滅するまで通しで見ることができ、やっと全容を理解した(笑) 近藤と土方は同郷だったことも初めて知ったし、局長が1人ではなかったなんて知る由も無かった。一番有名な局長は近藤なわけだが、それ以外の局長も居たことを知らない人は多いのではなかろうか。 「勉強になったなあ」というのが一番だが、この夜明け前と言うのか、変革の時代と言うのか、混乱と混沌の時代に生きた男達の熱い思いは伝わって来た。 今の言葉で言えば、ローカルで安定の時代を築いた江戸幕府の時代から、グローバルな体制づくりへの国として移行することが必要だったことは歴史が証明している。でも、その移行の方法については何が正しかったのかは俺なんかには分からないし、新選組が正義なのか悪だったのかも良く分からないが、土方達は正に命を張って時代を駆け抜けたということは感じられた。 新選組には多様なキャラが居て、有名どころだけ見ても色々な切り口があるのだと思うが、欲張らずに土方歳三視点に絞って描いたことも良かったと思う。 岡田准一は今や名優と言って過言でないと思っているが、今作でも十分にその魅力を発揮している。土方歳三の写真と比較しても、その雰囲気は似ていなくもない。 それより鑑賞後に見て驚いたが、近藤勇の写真を見ると、鈴木亮平のイメージがピッタリ。キャスティングした人はその外見も意識したのだろうなあ。豪傑のイメージも合ったのだろうけど。 俺的期待の柴咲コウについては、キレイだったが意外と物語上の重要性は低い。作品としてヒロインを置きたいという意図で無理矢理設定に入れた感あり。 それはともかく、 原田真人監督らしい、美しい映像描写もあり、見応えのある作品に仕上がっている。 新選組ファンのみならず、幕末・維新の歴史好きの方々にも必見の作品だと思います。

閲覧数1,265