ここから本文です

春江水暖~しゅんこうすいだん (2019)

春江水暖/DWELLING IN THE FUCHUN MOUNTAINS

監督
グー・シャオガン
  • みたいムービー 63
  • みたログ 50

3.98 / 評価:43件

解説

中国・浙江省を流れる大河「富春江」流域で暮らす家族の物語。誕生祝いの席で母親が脳卒中で倒れたことをきっかけに、4人の息子たちは自らの人生を見つめ直す。グー・シャオガンが監督と脚本を担当し、チエン・ヨウファー、ワン・フォンジュエンらが出演。グー・シャオガン監督の故郷・富陽を舞台にした本作は、第72回カンヌ国際映画祭批評家週間のクロージング作品に選出された。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

富春江が市街地を流れる中国浙江省の杭州市富陽区では、再開発が進んでいた。ある晩、顧(グー)家の家長である母親の誕生日を祝うため、レストラン「黄金大飯店」を経営する長男、漁師として働く次男、裏社会で生きる三男、独身生活を謳歌(おうか)する四男をはじめ、親戚一同が集まる。ところが、母親が脳卒中を起こして倒れてしまい、やがて年老いた母親は認知症が進んだため介護が必要となる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

「春江水暖 しゅんこうすいだん」10分の長回しの水泳シーンは映画史に残るほど素晴らしく、衝撃的!

 「『春江水暖 しゅんこうすいだん』は今まで見たことのない中国映画です。エドワード・ヤン監督の『クー嶺街少年殺人事件』を見た時の衝撃を、再び体験しました」カンヌ国際映画祭批評家週間のディレクター、チャールズ・テッソン氏は、2019年同国際映画祭批評家週間のクロージング上映時にこう話した。中国の新世代監督グー・シャオガンは中国山水画の傑作絵巻「富春山居図」からインスピレーションを得て、景色と人物、人物と感情、映画をまるで山水絵巻のように、四季を通して変わってゆく時代に生きる市井の人々を見事に描いた。しかも、これはまだ三部作の第一作である。

 本作は夏から翌年の春まで、浙江省富陽市にある大家族に焦点を当てた物語でありながら、古い家屋の取り壊し、地下鉄の建設、不動産の高騰など、急速に経済発展している富陽市の激変も描かれている。新人監督のデビュー作のため資金が足りない状況の中で、出演した役者はほとんどグー・シャオガン監督の親戚や友達だが、絵巻である本作では、登場人物は絵の中の一部分であり、逆に演技を勉強したことがない人々だからこそ日常の息遣いをリアルに表現できている。伝統風習の春節や中秋節、家族内のジェネレーションギャップ、一人っ子政策による子供への過保護。変わるものと変わらぬもの。グー・シャオガン監督は絵巻をどんどん広げていく。

 そして、この絵巻に最もふさわしい表現技法は長回しであろう。その中でも、10分の長回しの水泳シーンは映画史に残るほど素晴らしく、衝撃的である! カメラは人物の移動を追いかけ、人が消えたら高層ビルなどの風景が徐々に画面の中に入り、最終的に全てのシーンが続いているように見える。映像でこれほど山水画のように描くとは、グー・シャオガン監督の才能に脱帽! グー監督は、台湾ニューウエーブのホウ・シャオシャン監督やエドワード・ヤン監督、更に日本の小津安二郎監督や是枝裕和監督などに大きく影響されたと話しているが、確かに、冒頭の母の誕生日宴会シーンはホウ・シャオシェン映画を彷彿させ、後半のお墓参りのシーンもまるで是枝裕和監督の「歩いても、歩いても」のような雰囲気である。また、家族物語の視点から見ると「ヤンヤン 夏の想い出」や「東京物語」なども連想できる。ただの真似というより、グー監督は先輩たちの偉業を継承し、自分なりに世の中にメッセージを送っている。

 昨年1月、「春江水暖 しゅんこうすいだん」はフランスで上映され、14万人を動員した。更に世界的に有名な映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」で、2020年の年間ベスト10に選ばれた。三部作の続きを含め、グー・シャオガン監督の更なる飛躍を期待したい!(徐昊辰)

映画.com(外部リンク)

2021年2月11日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ