ここから本文です

スキャンダル (2019)

BOMBSHELL

監督
ジェイ・ローチ
  • みたいムービー 499
  • みたログ 889

3.50 / 評価:702件

もぐら叩きを続けるしかないのか

  • abem0620 さん
  • 2020年2月21日 19時09分
  • 閲覧数 726
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

いつの時代も、どこの会社でも、どこの世界でも傲岸不遜な権力者が現れて、必ずセクハラ、パワハラが続けられてきました。これからもあるでしょう。ひとり叩いても、神出鬼没のように2人3人別の会社、別の世界にも現れます。

 情けないといいますか、やるせないといいますか、セクハラ撲滅はもぐら叩きのようにこの後も続けるしかないという、もやもやした気持ちが残りました。

 アメリカではとても有名な”スキャンダル”で、実際の事件の詳細は大抵の人が知っているせいか、冒頭はあらすじのような怒涛のストーリー展開で観客を巻き込んでいきます。
 同時進行するのは、共和党大会で大統領候補に立候補したドナルド・トランプのツイッター合戦。セクハラ、パワハラも辞さないトランプが共和党大会を契機に注目されていくにつれ、逆の意味で#me too運動も盛り上がっていったのかもしれません。

 民主党びいきの多いハリウッドらしい企画、そしてパワーのある3人の女優共演とメイクや編集も凝った作りで、いかにもハリウッドの看板を背負った作品に仕上がっています。

 ただやはり最初に書いたように、たまたまこのCEOはFOXテレビを追われますが、まんまと退職金は懐に入れ、罪に問われることもありません。
 ひとり退場しても、まだまだセクハラ、パワハラはどこかでたくさん起きてるはずです。もぐら叩きのように邪悪な権力者を叩き続けるしかないのです。
 スカッとする読後感ではなく、もやもやした気持ちのまま映画館を後にしました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ