ここから本文です

スキャンダル (2019)

BOMBSHELL

監督
ジェイ・ローチ
  • みたいムービー 495
  • みたログ 1,288

3.48 / 評価:969件

常に闘争

  • gtk***** さん
  • 2021年6月11日 1時40分
  • 閲覧数 381
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

いやー凄いね。

セクハラの定義は知らんけど、日本で言うと、ハゲたおっさん上司が女子社員のお尻触ってデヘヘヘみたいなノリだと思うんだけど、アメリカは凄いわ。
俺のチ●コを舐めろ!! 舐めないとお前の人生終わらすぞコラッまで言い切る感じで、パワハラとセクハラの混合体ですなこりゃ。

さすがに引いたわ。

ベースとして権力側(保守)vs女性側(革新)があると思うんだけど、単なるセクハラ訴訟じゃなくて、どこを切っても主義・主張・価値観の対立・衝突で怖かった。
ということで、個人の話ではなくてアメリカ全般の話になるので、興味深かったな。
結局のところ、どこまで行っても競争・闘争、この作品は女性側勝訴で終わってるけど、まあ部分的な話で、今日もあらゆる企業で俺のチ●コを舐めろ!!って言ってる重役がいるんだろうな。

女性の辛さ・厳しさは描かれていたと思うけど、そういう映画でもなくて、女性側も強くてね、全員アマゾネスみたいな女性像。
ニコール・キッドマンにシャリーズ・セロン、マーゴット・ロビー。
権利を勝ち取るには闘えが基本のアメリカを見せつけられた感じ。

まあ日本人じゃ勝てんやろな。

という感想に落ち着きました。

セクハラの話じゃなくて、アメリカを感じさせてくれたら高評価しない訳にはいかないという作品。

★4つを進呈。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ