ここから本文です

スキャンダル (2019)

BOMBSHELL

監督
ジェイ・ローチ
  • みたいムービー 493
  • みたログ 1,296

3.48 / 評価:973件

metoo運動を意識しすぎ

  • joz******** さん
  • 2021年7月2日 23時09分
  • 閲覧数 464
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

この豪華女優陣!

シャーリーズ・セロン
ニコール・キッドマン
マーゴット・ロビー

見なきゃならないでしょう。

女優良し、演技良し、シナリオ良し・・・と、文句のつけようがありません。

しかし、見終わった印象がイマイチなのは何故でしょう?

原題は【Bombshell】。

意味は、爆弾、砲弾、(通例不快な) 人を驚かすような事、突発事件、魅力的な女性、かわいこちゃん・・・この全てが当てはまる内容です。

Foxテレビの創立者で絶大な権力を持つ老人を、セクハラ問題で権力の座から引きずり下ろすというストーリーです。

被害を受けた女性社員たちの微妙な心理、男たちの悪どい手口などを丁寧に描いたあと、最後は勇気ある行動で逆転勝利。

本当はスカっとしなければならない結末なのに、そうならない。

確かに女性たちは被害者で、気の毒なのだけれど、あまりにも善人に描きすぎているのです。

創立者の罠にかかるのは、彼女たちに野望があるからです。

中には、野望を果たすためにsexを武器に近づく者も居て当然のはずです。

こう書くと、オマエは女性差別主義者だとレッテルを貼られそうですが、そういう女性を描かないのは片手落ちだと言っているだけです。

せっかくドロドロした世界を描いているのに、きれいごとに見えてしまうのです。

時あたかもmetoo運動が盛り上がった時期の作品。

全女性を味方に付けたかったのは分かりますが、もう少し毒が欲しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ